お得情報  
大学や短大で教えていらっしゃる先生方へ!   ボランティアグループの皆さんへ  日本語教師養成講座』受講生の皆さんへ



 日本語学習イベント情報日本語学習
 
このページの情報はwordでいただいた原稿を下記のような掲載枠にそのまま貼り付け、枠の色は弊店でつける方法で無料掲載しております。

掲載希望のword原稿を(下記のような掲載枠の形にしない)そのままの状態でinfo-order@otanishoten.jpまでお送りください。

ExcelやPDFの原稿をお送りいただいても掲載できません。

★ファックス等で原稿を弊店にお送りいただいた場合、入力料が一件につき、税込1,100円かかります。




 研究会情報   日本語教育学会
九州日本語教育連絡協議会 

 初級の教え方 オンライン個別サポート【日本語ラボ】



 篠研企画 笈川式日本語発音スピーチ指導法講座
【初級編 全5回】

◆日時:
・第1回 10月 1日(土)20:00-22:00
・第2回 10月22日(土)20:00-22:00
・第3回 11月12日(土)20:00-22:00
・第4回 12月 3日(土)20:00-22:00
・第5回 12月17日(土)20:00-22:00


◆受講条件:本講座の受講は、日本語教育能力検定試験合格者に限ります。


◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/oikawa_speech_syokyu/

(8月16日掲載)



 
ワークショップ「第二言語習得理論に基づいた教材分析」

(8月16日掲載)

第二言語習得(SLA)理論についての読書会などを主催されてきた井料 佐紀子さんを講師にお迎えし、
ワークショップを開催いたします。
「長年使ってきた教材が、今の学習者には合っていないように感じられる」
「勤務校で教科書の変更を提案したいが、うまく説明できる自信がない」
「新しい教材が話題になっているが、それがなぜ良いのかがわからない」
「不安のあまり、次から次へと出てくるツールに手を出しては翻弄されてしまう」
こんなモヤモヤを抱えている方、ぜひいらしてください。
なぜこの順序なのか、なぜここでこの活動なのか。
教科書の意図を徹底的に探りましょう。
このワークショップで得られるのは、明日から役立つ便利なやり方ではありません。
理論に立ち返ることで見えてくるもの、それが明日からの皆さんの軸になります。
仲間と共に分析することで、新たな視点も得られます。

「できる日本語 初級」コース
第1週:9月18日(日)10:00-12:00
第2週:9月25日(日)10:00-12:00

主催 再定義合同会社
参加費 各コース 6,000円

詳しいシラバスとお申し込みはこちらからどうぞ。
https://redefinition.co.jp/for-teachers/training/sla_id/

お問い合わせはこちらからどうぞ。
https://redefinition.co.jp/about-us-2/inquiry/



 
ことばと学びでつながるなかまの会presents
こまつなキャラバン#01―2022 in 大阪―

(8月16日掲載)

開催日 2022年9月10日(土)13:00~

参加費 2,000円
     (銀行振込またはカード決済(VISA or MASTER) )

会  場 TKP大阪本町カンファレンスセンター ルーム3A
      (講演はzoom配信も行います)

プログラム
講演(13:00~14:30、配信あり)
留学生獲得・支援のこれから-日本語教師の視点に立って-
講師:春口淳一氏(大阪産業大学)

よろず相談会(15:00~16:30)
惟任将彦氏(大阪YMCA学院)、
角南北斗氏(フリーランス)、春口淳一氏
また、教材相談会・書籍販売を開催します

主催:ことばと学びでつながるなかまの会
    komatsuna.jp@gmail.com

協力:(株)凡人社、(株)国書刊行会

お申込みはQRコードまたはウェブサイトから
https://komatsunajp.wixsite.com/mysitekomatsuna




 
「上級ビジネス日本語教授法講座」
― 上級を担当できる講師になろう ―

(8月16日掲載)
 
上級レベルのビジネスプロフェッショナルへのレッスン、緊張してしまいますよね。
どんな質問が飛び出すのか?自分に答えられない質問をされたらどうしよう・・・。
実は、そのようなレッスンを担当するにはコツがあるのです。
そのコツをしっかり掴んで上級レベルを担当できる講師としてのスキルをアップしましょう。
外資系企業のCEOや外国人弁護士の方に東京、虎ノ門で長くレッスンを提供してきたノウハウをお伝えします



◆ 日時 2022年 9月10日(土)  9:30– 16:30(昼1時間休憩)
    オンライン開催 (世界中どこからでも受けられます)

◆ 受講料: 12,650円 (11,500円+税)  
           テキスト料「間接教授法マニュアル」: 3,200円+税(希望の方のみ)
           当校で行っている間接教授法講座のテキストとなる現在受講者のみに
           お分けしているマニュアルをこちらの講座の受講者は購入可能です。

*受講者の方は、受講後2ヶ月間何回でもビデオ視聴ができます。復習にお役だてください。 
また、受講後2ヶ月間、質問も受け付けています。


◆ 主催:(株) むらさき ジャパニーズ インスティテュート

【講座内容】
  - ビジネス日本語、上級レベルのレッスンとは?
       レッスンで気をつけたい点 
  - ビジネス日本語コースの要素 
       実践! 上級レベルのコースデザイン
  - 会議で発言できるようになるトレーニングとは 模擬会議Case Study
  - 上級レベルの読解授業
  - 新聞読解など時事 経済・金融・政治などに強くなるには?
  - 文章添削のコツ
       どこまで文章添削するのか
  - 文章添削してみよう
            などを 一日かけてやります。

お申込みは当校ホームページ [むらさきジャパニーズ]で検索
又は直接フォーム
http://my.formman.com/form/pc/Ym29kUUDt6OpCTYd/
講座のお申込み、お待ちしております。





 篠研企画 村崎 加代子オンラインセミナー
「キーフレーズで一発理解-英語を使った初級文法間接教授法-」

◆日時:10月30日(日)9:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)


◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/murasaki_kansetsukyojuho_seminar/

(8月15日掲載)



 
2022年9月 
ABK日本語教育勉強会
(オンライン開催)

現役の教師(および教師を目指す人)が、互いに学び合う勉強会です。
日々の授業のために、ヒントを見つけましょう!
各回終了後の情報交流会(自由参加)では、トピック別のルームで、
関心のあるルームに移動しながら情報交流ができます。

(8月8日掲載)

9月17日(土)
初級文型 活動を導入に使ってみよう
― 「あげもらい」「受身」「ています」など ―
(オンライン開催)


初級の授業で、どのように文型を扱っていますか。
いろいろな流れや方法があると思いますが、この回では、まず学習者に「活動」をしてもらい、その共通体験をもとに文型を理解する流れについて考えてみたいと思います。
模擬授業で「活動」を体験したり、新しい活動を一緒に考えたりする中で、授業の引き出しとその中身を増やすことを目指します。

日 時:9月17日(土) 9:30~11:30(情報交流会:~12:30 自由参加)
講 師:亀山 稔史 (ABK学館日本語学校)
参加費:2,000円
お申込みとお支払いの締切り:9月9日(金)17時(日本時間)

【9月17日 活動を導入に使ってみよう お申込み用リンク】

https://forms.gle/wfHAMmEQtCMCzLmPA

 【各回共通】

事情により、テーマ、講師を変更する場合があります。
お申込み方法:
それぞれの回のリンクからお申込みください。
確認のメールが申し込み直後に届きますので、保存しておいてください。
お支払いについては、ABK学館のサイトの「メニュー」→「お支払い」をご覧ください。
https://www.abk.ac.jp/

   ZOOM のリンク等はメールでお送りします。
勉強会の前日午後に届いていない場合はご連絡ください。
  
お問合わせ:メール info@abk.ac.jp 件名「勉強会 問合わせ」
電話03-6912-0756
 担当:亀山(授業中の場合があります)




 
インターカルト日本語教員養成研究所主催
令和4年度日本語教育人材の研修プログラム普及事業

海外に赴く日本語教師【初任】研修
オンライン配信 9月17日(土)開講

【受講者募集のお知らせ】

(8月4日掲載) 


インターカルト日本語教員養成研究所


海外で日本語を教えるための基礎知識や現地の日本語教育事情、ICTツールの活用例が、
国内外の多彩な講師陣より学べる研修プログラムです。

海外に行くことが決まってある方、いつか海外で教えたいと思っている方に
とても役に立つ充実した内容となっております。

全ての研修をオンライン配信いたします。
インターネット環境があればどこからでも受講が可能です。
すべての研修を録画配信しますので、参加できない日はあとで視聴ができます。
但し、研修中にブレイクアウトルームを使用してのグループ討議の録画は
視聴できませんので、その旨ご了承ください。

【共催】
インターナショナルアカデミーIAY日本語学科(北海道)、I.C.NAGOYA(名古屋)、専修学校久留米ゼミナール日本語学科(福岡)、インターカルト日本語学校(東京)の4ブロックがタッグを組んでこの研修を運営します。


■期間:2022年9月17日〜11月26日 *9/10にオリテンを実施します
     ライブ授業 土曜日 全11回(28コマ) / ビデオ授業23コマ

■研修費:15,000円(税込) 

■対象:日本語教師養成講座420時間修了、日本語教育能力検定試験合格、大学での日本語教育課程主・副専攻
     海外で日本語を教えた経験が0〜3年程度の方(日本国内の経験年数は不問)
     *修了された方は文化庁ホームページにお名前が掲載されます(任意)

■申込方法: https://peatix.com/event/3307660 ←こちらからお申し込みください

■お問合せ先:インターカルト日本語教員養成研究所
          e-mail: kaigai_info@incul.com Tel:03-5816-5019 

      



 ●FUKUOKAふぁん初級実習 モデルスチューデント募集

(8月2日掲載) 

 
  語学の教え方研究所 FUKUOKAふぁん


語学の教え方研究所 FUKUOKAふぁんの河野です。
この度当校では「初級実習」を以下のように行います。
つきましてはこの授業の「モデルスチューデント」になっていただく方を募集します。
(日本語教育に関心のある方ならどなたでもO.K.)


■実習日 :2022年8月27日(土)午前10時から12時まで

■募集人員:4名(先着順です)

■形態  :対面式授業(コロナ感染状況により、延期の可能性もあり)

■実習内容:みんなの日本語13課・22課・23課から
      (今回は、流れのある導入、動作を使った教え方、
       順接条件「と」の教え方等を中心に実習します。)

■場所:福岡市博多区博多駅東2-8-11第2石橋ビル4C

■謝礼 :若干お支払いします。(交通費含む)

■申込先: 語学の教え方研究所 FUKUOKAふぁん事務局
        Email:kawano@fukuoka-fan.jp
       電話:092-408-4296(平日PM1:00-5:00)



 
2022年8月開催「日本語教師のための 学校訪問会・採用説明会」のご案内

(8月1日掲載)


◇ 日本語教師のための「学校訪問会・採用説明会」とは

「学校訪問会+採用説明会」は第一に日本語教師の方々のためのものです。
日本語教育機関についてよく知らない方にとっては、それを知る機会となります。
就職先の条件や希望を持っている方にとっては、それらが合致するか確認する機会となります。
または、気が付いていなかった点を知る機会でもあります。
自分の能力の中で、現時点で十分な分野、及び、向上が必要な分野を確認することも出来ます。
複数の機関を訪問することで、自分がどのような機関で教えたいか、再認識する機会にもなります。
募集機関を理解し、納得した上で応募が出来ます。
・・・・などなど・・・・

◇ 学校をオープンにするということは

各学校はそれぞれの方針のもと、特徴、強みなどを生かしながら運営していますが、
万人に完璧な機関はありません。良いところがあると同時に、改善が必要なところは必ずあります。
そのような中で、学校をオープンにするということは、
学校の運営、教育の質に自信を持ちながらも、
外部の方々からの批評を真摯に受け止め、
よりよい学校にしていこう
という意識が強い教育機関です。

◇ 最終的には学習者のために
教師の方々が、十分に理解して応募、そして採用・勤務開始となれば、

安心して勤務できるでしょう
教師の意欲や向上心も保たれるでしょう
教育の質が保たれる、または、向上するでしょう
在職期間も長くなるでしょう
・・・・などなど・・・・
それらは、最終的には学習者にとって大きなプラスになると信じています。また、そうなるよう活動しています。

◇ 2022年8月実施校

*各校の実施概要・日時・お申込みはリンク(URL)先に移動してご確認ください。

[大阪] 大阪YMCA学院・大阪YMCA国際専門学校
https://visit.nihonmura.jp/osakaymca/
[大阪] 京進ランゲージアカデミー大阪校
https://visit.nihonmura.jp/klaosaka/
[愛知] 京進ランゲージアカデミー名古屋北校
https://visit.nihonmura.jp/klanagoya/
[京都] 京進ランゲージアカデミー京都中央校
https://visit.nihonmura.jp/klakyoto/
[東京] ダイナミックビジネスカレッジ
https://visit.nihonmura.jp/kladbc/
[東京] OLJランゲージアカデミー
https://visit.nihonmura.jp/klaolj/
[東京] 学校法人新井学園 赤門会日本語学校
https://visit.nihonmura.jp/akamonkai/
[福岡] 日本国際語学アカデミー福岡校
https://visit.nihonmura.jp/jilafukuoka/
[京都] ISIランゲージスクール京都校
https://visit.nihonmura.jp/isi_kyoto/
[兵庫] 京進ランゲージアカデミー神戸校
https://visit.nihonmura.jp/klakobe/
[福岡] 京進ランゲージアカデミー福岡校
https://visit.nihonmura.jp/klafukuoka/

◇ 企画
NIHON MURA(日本村)日本語教師・職員求人情報
https://visit.nihonmura.jp/



 篠研企画 三橋麻子・丸山真貴子オンラインセミナー
「介護の日本語」教え方セミナー
-外国人介護従事者に必要な4つの領域-


◆日時:9月25日(日)9:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)

◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/kaigonihongo_seminar/

主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442




 
日本語で思いを届ける
留学生スピーチコンテスト


(7月26日掲載)

 
福岡YMCA


2022.8.27[土] 13:00~15:00

【オンラインzoom開催 視聴無料】

 第6回福岡YMCA 留学生スピーチコンテスト実施要項
 
1.趣旨 
 福岡YMCAは、「福岡YMCAの使命」である「国際交流の推進」のために、アジアを中心とする人々との交流、
協力を進め、平和で公正な世界の実現に向けて様々な活動をおこなっています。
 その中の一つ、日本語教育事業においては、世界各国の留学生を迎え入れ、
高度人材育成の礎となる質の高い日本語教育を実施しています。

 今回のスピーチコンテストでは本校に留学している外国人の方々が、
日本での生活や日本語の学習を通して、感じていることや考えていることを披露し、
さらなる日本語学習の意欲を高めることを目的としています。

 加えて、多くの地域住民の方々にも留学生のことについてより深く知っていただく機会としています。

2.主催:学校法人 福岡YMCA学園

3.後援:福岡YMCA賛助会 福岡中央ワイズメンズクラブ

4.内容:
 スピーチコンテスト
  ・本校留学生から立候補または選抜された5名によるスピーチ
  ・一人あたり3~5分のスピーチ(テーマは自由)
  ・審査員による投票によって順位決定
  ・審査員は福岡YMCA賛助会、近隣YMCA日本語教育関係者、本校校長など
  ・上位入賞者は表彰および副賞を進呈予定

5.事務局:福岡YMCAスピーチコンテスト実行委員会(担当:中野・松隈)
       TEL:092-831-1771
       Email:f-nihongo@fukuokaymca.org

【申込】下記QRコードまたは下記申込フォームからお申込みください。視聴無料
https://forms.gle/6oRDGWuZyGzYhKEB8 (申込期日:2022年8月19日)
                                                        


 
初級の教え方実践講座2022夏

(7月21日掲載)


初級の教え方に悩んでいませんか。
日々授業に追われる毎日。
授業準備に時間がかかる。
学習項目の知識、分析が十分とは言えない。
学習者が学習したことを使って話せるようになる効果的な授業ができているか疑問。
誰かに相談したいけれど、なかなか聞けない。
いろいろな悩みを抱えながらも学習者のことを考えて、試行錯誤されているかと思います。

初級の教え方の基礎を学び、具体的に考え、実践の中で、教えることに磨きをかけ、自信を持って授業に臨んでみませんか。
「初級の教え方実践講座」では3つの講座をご用意。ただ講義を聞いて、「参考になった」で終わるのではなく、授業を具体的に考え、実践し、フィードバックを受ける中でスキルアップを目指します。
すべてマンツーマンで行うので、これまで抱えていた悩み、疑問、何でも聞くことが可能です。

初級の教え方を学びたい方、
これまでの授業を見つめ直し、スキルアップを目指す方
これから日本語教師になるために、教え方をイメージし、準備をしたい方
にオススメです。

「初級の教え方実践講座2022夏」(オンライン)開講中
講座の詳細、講座受講の流れについては、日本語ラボのホームページをご覧ください。
→詳細情報

〈講座内容〉(3講座)
1.学習項目の導入を考える
・学習項目の導入のポイントと方法
・導入部分の模擬授業を体験
・導入の流れを確認
・導入を考える前に(授業準備)

2.効果的な基本練習を考える
・基本練習とは
・基本練習のタイプ
・練習のポイント
・有意味な練習

3.談話練習の進め方
・コミュニケーションに必要な能力とその養成
・談話練習の流れとポイント
・談話練習の模擬授業を体験

【受講料】
1講座 ¥15,000
※3講座お申込みの場合 ¥5,000 OFF  通常¥45,000 → ¥40,000

【場 所】
オンライン(ZOOM)開催
開催日前日までに、メールにてZoomURLをお送りします。

【お申込み・詳細】
日本語ラボホームページよりお申込みください。
お申込みは8月31日まで。
→詳細情報・お申込み

【主催】日本語ラボ
https://www.nihongo-labo.com/






「日本語能力試験N2対策指導法講座
-科目別指導のポイント-」


◆日時:2022年10月16日(日)9:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)


◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/n2_seminar/


主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442


(7月20日掲載)
 



「日本語能力試験N3対策指導法講座
-科目別指導のポイント-」


◆日時:2022年10月2日(日)9:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)


◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/n3_seminar/


主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442


(7月20日掲載)
 


 
母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会
2022年度研究大会(オンライン)へのご参加お誘い

(7月4日掲載)


MHB学会では「3言語(以上)を育てる教育を考える」をテーマにかかげ、8月4日~7日にオンライン研究大会を開催します。「3言語(以上)の学習と習得」はこれまで「バイ」リンガル教育と総称されたため見えにくかった、3言語(あるいはそれ以上の数の言語)が関与する場合の言語学習と教育を指します。

大会テーマの基調講演には、バスク語、スペイン語、英語の3言語教育、イマージョン教育、早期英語教育、多言語教育の理論的考察など複数の言語の教育について広範囲におよぶ研究と教育現場への貢献でご高名なJasone Cenoz博士(University of Basque Country)をお迎えします。

パネル討論「3言語(以上)を育てる教育を考える」では以下の報告を予定しています。
- 多言語がとびかうコリア国際学園のスリリングな授業
- 日本手話と日本語のバイリンガル教育で有名な明晴学園の英語教育(英語が第3言語)
- 高校でのロシア語教育におけるtranslanguaging
- 台湾に留学して英語と華語を同時にインテンシブに学ぶプログラム

このほかには、会員による研究発表のセクションもあります。

主要なプログラム(基調講演、パネル討論、総会)においては、字幕付き動画や日本手話による通訳などを準備し、できるかぎり情報保障についても配慮する予定です。

大会の詳細および参加申し込みについては大会専用ページ(下記)をご覧ください。

https://www.conference.mhb.jp

参加申し込みの締め切り:7月27日(水)昼12:00(東京時間:UTC+9)

MHB2022実行委(問い合わせ: taikai@mhb.jp)



 
『一発理解!キーフレーズ英語を使った間接教授法講座』
2022年8月 第3,4週末開催
オンライン講座

  9月からの新学期の授業にお役立てください
  (世界中どこからでも受けられます)
   一部参加できない場合は、ビデオ視聴での参加が可能です。
   後日、ビデオで復習もできます。

(7月15日掲載)

★ こんなとき英語で説明できたら早いのに そう思ったことはありませんか? 
キーフレーズの英語を使って一発理解! 
本当にわかっているの? のモヤモヤを解決します ★


文法・語彙などの抽象的な概念を短時間、かつ高い理解度で学習者へ伝えられる間接教授法。
その方法を学び、質の高い授業、クラス活動にお役立て下さい。
英語が堪能でなくても大丈夫です。『みんなの日本語I II』 をもとに、説明のための『キーフレーズ』をしっかり押さえるように学んでいきます。

◆ 開催日程 ◆
<< 前半 初級I >>
2022年8月 20日(土) 日本時間 午前9:30-16:30 (途中1時間お昼休み)
2022年8月 21日(日) 日本時間 午前9:30-16:30 (途中1時間お昼休み)

<< 後半 初級II 中級・上級>>
2022年8月 27日(土) 日本時間 午前9:30-16:30 (途中1時間お昼休み)
2022年8月 28日(日) 日本時間 午前9:30-16:30 (途中1時間お昼休み)

◆ 受講料(全4日) : 60,000円+税 テキスト料: 3,200円+税
 初級Iのみ 33,000円+税  初級IIのみ 30,000円+税  別途各テキスト料:3,200円+税

*英語力は中学英語程度でも十分です。
 わかりやすい簡単な英語を使って日本語文法を教えるコツを学びます。 簡単な英語を使うことにより、アメリカ人、イギリス人だけでなく幅広い国の学習者にも対応可能になります。
 
テキスト ボックス: ▽お申込み・詳細はこちらから▽ 
http://www.murasaki-japanese.com/jp/
又は直接フォーム
http://my.formman.com/form/pc/Ym29kUUDt6Op
CTYd/
講座のお申込み、お待ちしております。





篠研の「圧巻!日本語教育能力検定試験
直前対策オンラインセミナー」


◆日時:9月18日(日)・19日(月・祝)9:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)


◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/tyokuzen_seminar/


主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442


(7月13日掲載)
 



篠研の「圧巻!令和3年度日本語教育能力検定試験
「試験Ⅱ」徹底解説オンラインセミナー」


◆日時:9月4日(日)13:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)

◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/r3_sikenni_seminar/


主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442


(7月5日掲載)
 


 
2022年8月 
ABK日本語教育勉強会
(オンライン開催)

現役の教師(および教師を目指す人)が、互いに学び合う勉強会です。
日々の授業のために、ヒントを見つけましょう!
各回終了後の情報交流会(自由参加)では、トピック別のルームで、
関心のあるルームに移動しながら情報交流ができます。

☆ 日本語学習のゲーミフィケーション ☆
― 学習項目のクイズ・パズル化と スムーズで盛り上がる進め方 ―

☆ 試験勉強と授業力アップの二兎を追う! ☆
日本語教育能力検定試験 コミュニケーションに関する問題

経験の浅い教師のための
☆ 授業準備のヒント(初級、中級) ☆
         
(7月4日掲載)

8月6日(土)
日本語学習のゲーミフィケーション
― 学習項目のクイズ・パズル化とスムーズで盛り上がる進め方 ―
(オンライン開催)

「授業の幅を広げたい」と考えている方は、ぜひこの回で、ご自身も楽しみながら学ぶ(つい学んでしまう?)体験をしてみてください。

【高柳先生からのメッセージ】
日本語学習と、クイズ・ゲーム化?
一見、不思議な組み合わせに感じるかもしれませんが、クイズ・ゲームはアクティブラーニングにつながり、能動的な参加意欲や記憶定着を生み、そしてなによりも学びの場が面白くなります。
夏休みシーズンでもありますので、数多くのクイズ・ゲームイベントを企画・進行した経験を元に、実際に軽くクイズで遊びつつ、効果的な学習項目のクイズ化手法や、授業へゲーム要素の取り入れたコミュニケーションなどを、お話させて頂きます。(もちろんアイスブレイクとしてもご活用頂けます)。
みなさんと一緒に考えを深めつつ、楽しいひとときを過ごせたらなと思っております。

日 時:8月6日(土) 9:30~11:30(情報交流会:~12:30 自由参加)
講 師:高柳 優 クイズ作家、ゲームデザイナー。子供向けパズル教室講師等も務める
         著書に『頭のいい子を育てる京大発想パズル』(主婦の友社)など
参加費:2,000円
お申込みとお支払いの締切り:7月29日(金)17時(日本時間)

【8月6日 日本語学習のゲーミフィケーション お申込み用リンク】
https://forms.gle/2K7p7dPxuKvzEJZUA

8月20日(土)
試験勉強と授業力アップの二兎を追う!
日本語教育能力検定試験
コミュニケーションに関する問題
(オンライン開催)


安心して学べると好評の佐伯先生の第3弾は、コミュニケーションに関する問題を取り上げます。

【佐伯先生からのメッセージ】
留学生が学校で、アルバイト先で、地域で、安定した日常生活を送るためには、日本語能力を高めることはもとより、日本文化の特徴を理解することや、文化背景の異なる人々とのコミュニケーションの取り方を学ぶことが必要です。
留学生のこれらの学びをサポートするために、私達自身が日本文化の特徴や円滑なコミュニケーションの取り方について勉強して、授業のありかたや学生とのコミュニケーションに活用することは大変意義のあることと思います。
日本語教育能力検定試験においても、コミュニケーションに関する問題が多く出題されています。今回は、これらの問題をいっしょに解答してコミュニケーションに関するヒントを見出すことや、学生のコミュニケーション上の諸問題を解決した経験を共有することを通して、試験勉強と授業力アップの二兎を追ってみたいと思います。
日本語教育を勉強中の方、今年10月の検定試験で初合格を目指す方、経験の浅い方が主な対象ですが、経験の豊富な先生がたにもご参加いただいて、学生指導・学生支援に関するご経験をお話しいただければ、より有意義で実りある勉強会となると存じますので、今回のテーマに関心をお持ちの先生がた、みなさま、ぜひよろしくお願い致します。

日 時:8月20日(土) 9:30~11:30(情報交流会:~12:30 自由参加)
講 師:佐伯 知美(私立大学大学院 外部講師・都内日本語学校非常勤講師)
参加費:2,000円
お申込みとお支払いの締切り:8月12日(金)17時(日本時間)

【8月20日 コミュニケーションに関する問題 お申込み用リンク】
https://forms.gle/xXGAQL77hK84usHM9

8月27日(土)
経験の浅い教師のための
授業準備のヒント(初級、中級)
(オンライン開催)

「授業以上に、授業準備が大変」
「あんなに準備をしたのに、授業がうまく行った感じがしない」
いくつかのコツをつかむことで、そんな状況が改善できるかもしれません。
教え始めて苦労をしている方、授業をまだ持っていないけれど不安な方などのヒントになると思います。
初級と中級のいくつかの内容を扱います。

2021年9月に開催した回のアンコール開催です。
すでに教えている方、10月デビューの方、いま日本語教育を勉強中の方、一緒にヒントを見つけましょう。

日 時:8月27日(土) 9:30~11:30(情報交流会:~12:30 自由参加)
講 師:亀山 稔史 (ABK学館日本語学校)
参加費:2,000円
(内容が重なる2021年9月18日の回に参加した方は1,000円になります)
お申込みとお支払いの締切り:8月19日(金)17時(日本時間)

【8月27日 授業準備のヒント お申込み用リンク】
https://forms.gle/4fotmAc1rRF9aAsq7 

 【各回共通】

事情により、テーマ、講師を変更する場合があります。
お申込み方法:
それぞれの回のリンクからお申込みください。
確認のメールが申し込み直後に届きますので、保存しておいてください。
お支払いについては、ABK学館のサイトの「メニュー」→「お支払い」をご覧ください。
https://www.abk.ac.jp/

   ZOOM のリンク等はメールでお送りします。
勉強会の前日午後に届いていない場合はご連絡ください。
  
お問合わせ:メール info@abk.ac.jp 件名「勉強会 問合わせ」
電話03-6912-0756
 担当:亀山(授業中の場合があります)




 
「実践!第二言語習得とインストラクショナルデザイン」
8月期(火曜午後グループと火曜夜グループ)

(7月4日掲載)


 インストラクショナルデザインの基本的な理論に沿ってケーススタディを元に模擬授業と相互評価まで行う「日本語教師のためのインストラクショナルデザイン」は、2年4ヶ月の間に45回(One on Oneを除く)実施し、約170名の方にご参加いただきました。「学習者の意欲が高まった」「就職・進学など目的が達成できた」と嬉しい声も多かった一方で、形はIDで作れても文型中心の教え方から抜け出せないという悩みを持つ方も多くいらっしゃいました。

 そこで多くの方が苦労されたDay2「学習成果の5分類」を、第二言語習得理論の切り口から見直し、ゴール指向のレッスンとはどういうものか?にさらに切り込む形にリニューアルを行い「実践!第二言語習得理論とインストラクショナルデザイン」としてパワーアップしました。

 SNS等でさまざまな情報が錯綜する昨今ですが、理論という土台と軸を味方につけ、仲間とともに楽しく試行錯誤していきましょう!

日程は以下の通りです。
■火曜午後グループ
8月 2日(火)14:00-14:45 オリエンテーション
8月 9日(火)14:00-16:30 Day1
8月16日(火)14:00-16:30 Day2
8月23日(火)14:00-16:30 Day3
8月30日(火)14:00-16:30 Day4(模擬授業)

■火曜夜グループ
8月 2日(火)20:00-20:45 オリエンテーション
8月 9日(火)20:00-22:30 Day1
8月16日(火)20:00-22:30 Day2
8月23日(火)20:00-22:30 Day3
8月30日(火)20:00-22:30 Day4(模擬授業)

主催 再定義合同会社

参加費 33,000円

定員 4名

詳しいシラバスとお申し込みはこちらからどうぞ。
https://redefinition.co.jp/for-teachers/training/sla_id/

お問い合わせはこちらからどうぞ。
https://redefinition.co.jp/about-us-2/inquiry/




『まるごと』オンライン講座(全6回)

 日本語教育の新しい枠組み-教師のマインドセットと現場での活かし方-
 『まるごと』開発を牽引した著者陣によるオンライン講座。
コースブック 『まるごと』に具現化されている上位概念を丁寧に紐解き,日本語教育の
 枠組みや教師の役割の見直しなど、幅広いトピックに触れる全6回。


(7月2日掲載)

 


 
公開シンポジウム

人を育てる英語教育-田尻悟郎の授業は大学生の人生にどう影響を与えているのか-
https://www.bonjinsha.com/wp/post_id-15047.html

(6月29日掲載)


 本シンポジウムは、2019~2021年度科研費基盤研究(C)「熟達英語教員が見出す中高と大学の英語教育の実践知の共通性と差異性」(課題番号19K00870 研究代表者:横溝紳一郎)の調査結果の公開のために開催されます。

日時:2022年8月20日(土)13:00~16:30

場所:西南学院百年館(松緑館) https://swu-dousoukai.jp/access/

参加費:無料 *要予約(先着150名まで)

12:30~13:00 受付
13:00~13:10 開催趣旨と当日の流れの説明

第1部:田尻先生、語る
13:10~14:30 講演「私の教育理念と実践」(講演者=田尻)
14:30~14:50 休憩

第2部:田尻実践の分析
14:50-15:20 パネルディスカッション(司会=横溝、パネリスト=久保野・田尻)
15:20-15:50 インタビュアー調査者からの報告(報告者=柳瀬)
15:50-16:20 参加者からの質問(司会=柳瀬)
16:20~16:30 まとめ

【お申込み▼】
お申込みフォーム(二次元バーコード))でお申し込みください。
E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)




 
日本語OPI研究会主催シンポジウムのお知らせ
ACTFLプロフィシェンシー・ガイドライン創設40周年記念講演

8月18日(木)開催予定
(6月20日掲載)



 
篠研企画 臼井智美セミナー
「日本語指導が必要な児童生徒に対する日本語教育-小中高で指導する前に知っておくと助かること-」

◆日時:8月28日(日)9:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)

◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/usui_seminar/

主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442


(6月6日掲載)




篠研企画 笈川幸司オンラインセミナー
「日本語教師としての在り方-マインドと行動」

◆日時:9月3日(土)13:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)

◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/oikawa_seminar_09/

主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442


(5月31日掲載)

 



 篠研の日本語の教え方セミナー
「日本語能力試験N4対策指導法-科目別指導のポイント-」

◆日時:8月21日(日)9:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)

◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/n4_seminar/

主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442


(5月10日掲載)




 苦しいときの神頼み!
FUKUOKAふぁんの
One Point Lesson
「コロナに負けるな―っ」対策第5弾

●FUKUOKAふぁんの「日本語教師お仕事初めのBlush Up講座」案内

(3月29日掲載) 

 
  語学の教え方研究所 FUKUOKAふぁん


コロナ感染の恐怖も少し和らぎ、これからまた、多くの留学生が来日します。
日本語教師のお仕事始めや再開を計画の皆さん、長い長いブランクの後ですから、
あなたの「日本語指導力のスキル」を一度Blush Upしませんか?


今回は
1.完全直接法のテクニックを完璧に近づけられる。
2.教案・教材の書き方、作り方を楽に、効率的にする嬉しいスキルが学べる。
3.「みんなの日本語Ⅰ」(スリーエーネットワーク)を教える実践的な練習を繰り返して、
即戦力のある教師に成長できる。

「One Point Lesson」講座を提供します。

●久しぶりの対面式で、受講できる環境に制限がありますが、より実践向きの授業にしますので、
  是非是非受講してください。

☆彡 日本語教師お仕事初めのBlush Up講座スケジュール
授業形態:対面式(少人数制募集6名まで)
授業内容:期間2022年5月11日~8月3日(毎週水曜日PM2:00~4:40)
●全ての授業で「教案/教材を作る/現場により近づけた模擬授業演習」を行います。
5/11 NO.1 み日I 教科書研究 初級教え方の基礎作り
5/18 NO.2 授業をするToolを作る 効率的な教案の書き方と教材作り
5/25 NO.3 初級の教え方実践1 み日1課自己紹介の授業」の教え方
6/1 NO.4 初級の教え方実践2 み日4課「初めての動詞」の教え方
6/8 NO.5 初級の教え方実践3 み日5課「往来動詞」と助詞の教え方
6/15 NO.6 初級の教え方実践4 み日6課「目的語を取る動詞」の教え方
6/22 NO.7 初級の教え方実践5 み日13課「~動詞+たい」の教え方
6/29 NO.8 初級の教え方実践6 み日14課「~て形」の教え方を中心に。
7/6 NO.9 初級の教え方実践7 み日15課「継続の表現」の教え方
7/13 NO.10 初級の教え方実践8 み日18課「経験の表現」の教え方
7/20 NO.11 初級の教え方実践9 み日22課「連体修飾」を教える。
7/27 NO.12 初級の教え方実践10 み日25課「~ら、~ても」複文を教える
8/3 NO.13 実習1~3 学習した内容を実習形式で実践
8/6 無料 実習見学1 実習見学/他の人の授業を見る
8/20 無料 実習見学2 実習見学/他の人の授業を見る

教室:語学の教え方研究所 FUKUOKAふぁん
講師 :河野きり子
費用 :52,000円(+消費税)※大谷書店HP見た!で8%OFF
募集人員:1クラス6人まで(満員になり次第締め切ります)
申し込み先(メールで): Email:kawano@fukuoka-fan.jp
実施団体:語学の教え方研究所FUKUOKAふぁんhttp://www.fukuoka-fan.jp
住所〒812-0013博多区博多駅東2-8-11第2石橋ビル4C (株)TABUNKA内 
電話:092-408-4296(PM1:00 -5:00スタッフが対応します)


 
千駄ヶ谷日本語教育研究所 日本語教師養成講座

<リニューアル>e-ラーニングコース


(3月16日掲載)

 
本コースは、日本語を教えるために必要な理論的な「知識」を学ぶ「基礎知識」コースと
教壇で教えるための「技術」の基礎を身に付ける「実習基礎」コースの2コース編成です。
※1コースのみの受講、さらに実習基礎コースは部分受講も可能です。

通学講座の授業風景をそのまま映像化しており、圧倒的なライブ感があります。
また、全科目e-ラーニング(オンデマンド動画配信)のため、
受講期間中いつでもどこでも何度でもご視聴いただけます。


コースと料金】
入学金:11,000円
※延長料:1年につき11,000円

●基礎知識コース(65科目)73,000円/57,500円(※1)
 これから日本語教育の基礎知識を身に付けようとする方、日本語教育能力検定試験対策コースの受講 
 に必要な日本語教育理論の基礎を身に付けたい方。

●実習基礎コース(38科目)64,000円
 実習基礎コース 初級1・2・中上級の一括コース。
 初級から中上級までの基礎知識や技術を身に付けたい方。

●実習基礎コース 初級1(20科目)45,000円
 まずは教え方の基本を知りたい方。

●実習基礎コース 初級2(10科目)27,000円
  知識や技能をもう1ステップ引き上げたい方。

●実習基礎コース 中上級(8科目)17,000円
 中上級の「読解」指導に不安がある方。

※1 一部の教材(テキスト)を電子書籍ご希望の場合の価格です。
電子書籍ご希望の方は、Amazon、Apple Books、Google Play Booksで別途購入していただきます。

【その他】
本コースは自学自習のためのコースです。講義内容に関する質問応答はございません。

【お申込・詳細】
下記をご覧ください。
https://www.jp-sji.org/jp/course_fee/el/el.html

【問い合わせ先】
千駄ヶ谷日本語教育研究所
HP https://www.jp-sji.org/jp/
学生課 <TEL>03-6265-9570
<Mail>center@jp-sji.org



 
インターカルト日本語教員養成研究所 久留米サテライト(専修学校久留米ゼミナール日本語学科)
文化庁420時間カリキュラム
 
日本語教師養成講座 通信コース


(11月6日掲載) 

 
専修学校久留米ゼミナール日本語学科

 
インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所の通信コースは、
理論講座はご自宅で自分のペースで受講でき、実践講座は久留米サテライト(専修学校久留米ゼミナール)で受講できます。

プロの日本語教師を目指す方だけでなく、地域の日本語支援者、外国人材受け入れ企業の方、
教壇実習で実践力を磨きたい方など、時代の要請にこたえた幅広い方々に受講していただけるコース構成になっています。



《受講の流れ》
  理論講座:理論講座(基礎講座)32時間 + 理論講座164時間 
  実践講座:指導法104時間 + 教壇実習120時間          計420時間

1. 実践講座の受講は、理論講座の基礎講座(32時間)と文法(30時間)の履修後開始できます。
   例えば、一日2時間の学習に取り組めば、およそ一か月で教壇実習が始められます。
2. 教壇実習の開始月は2月、6月、10月なので、開始する月を決めて、その時期に向けて学習プランを立てます。
3. 1の履修が終わったら、残りの理論講座の履修と、実践講座指導法を通信で履修します。
4. 3と同時に実践講座教壇実習(通学)の受講を開始します。(週1回、又は週2回)
5. 修了試験に合格して、修了になります。修了証書をお渡しします。

《料金》
    入学金 \33,000-  
    授業料 \486,420-
  合 計 \519,420-(消費税込み、教材費別途) ※通信コース開講記念申し込み割引有   

■お問い合わせ・受講のお申し込みは 
  ☞インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所 https://www.incul.com/jp/yosei/tsushin.php
  ☞久留米サテライト(専修学校久留米ゼミナール日本語学科)Mail:yosei@kusemi.ac.jp




 福岡・いろは日本語学校

 「fjls」日本語教師養成講座受講生募集

【文化庁届出受理番号:h29040740001】