お得情報  
大学や短大で教えていらっしゃる先生方へ!   ボランティアグループの皆さんへ  日本語教師養成講座』受講生の皆さんへ



 日本語学習イベント情報日本語学習
 
このページの情報はwordでいただいた原稿を下記のような掲載枠にそのまま貼り付け、枠の色は弊店でつける方法で無料掲載しております。

掲載希望のword原稿を(下記のような掲載枠の形にしない)そのままの状態でinfo-order@otanishoten.jpまでお送りください。

ExcelやPDFの原稿をお送りいただいても掲載できません。

★ファックス等で原稿を弊店にお送りいただいた場合、入力料が一件につき、税込1,100円かかります。


 研究会情報   日本語教育学会
九州日本語教育連絡協議会 



 
篠研の「圧巻!
令和2年度日本語教育能力検定試験
徹底解説オンラインセミナー」

(1月22日掲載)

開催予定

日時:2021年5月22日(土)・23日(日)9:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)

内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/r2tetteikaisetsu/

主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:0977-86-6660

 
株式会社篠研



 
2021年度 篠研の
「圧巻!日本語教育能力検定試験対策
基礎固めオンラインセミナー」

(1月22日掲載)

開催予定

日時:2021年4月10日(土)・11日(日)9:00-16:30
(オンライン(ZOOM)開催)

内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/kisogatame_seminar/

主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:0977-86-6660

 
株式会社篠研



 
*令和2年度「文化庁日本語教育大会(WEB大会)」*


*文化庁YouTube*

(1月20日掲載)



 
日本語で思いを届ける
留学生スピーチコンテスト


(1月20日掲載)

 
福岡YMCA国際ホテル福祉専門学校 日本語科


2021.2.20[土] 13:00~14:30

【オンラインzoom開催 視聴無料】

 
第5回福岡YMCA 留学生スピーチコンテスト実施要項

 
1.趣旨 
 福岡YMCAは、「福岡YMCAの使命」である「国際交流の推進」のために、アジアを中心とする人々との交流、
協力を進め、平和で公正な世界の実現に向けて様々な活動をおこなっています。
その中の一つ、日本語教育事業においては、世界各国の留学生を迎え入れ、
高度人材育成の礎となる質の高い日本語教育を実施しています。

 今回のスピーチコンテストでは本校に留学している外国人の方々が、
日本での生活や日本語の学習を通して、感じていることや考えていることを披露し、
さらなる日本語学習の意欲を高めることを目的としています。

 加えて、多くの地域住民の方々にも留学生のことについてより深く知っていただく機会としています。

2.主催:学校法人 福岡YMCA学園

3.後援:福岡YMCA賛助会 福岡中央ワイズメンズクラブ

4.内容:
 スピーチコンテスト
  ・本校留学生から立候補または選抜された6名によるスピーチ
  ・一人あたり3~5分のスピーチ(テーマは自由)
  ・審査員による投票によって順位決定
  ・審査員は福岡YMCA賛助会、近隣YMCA日本語教育関係者、本校校長など
  ・上位入賞者は表彰および副賞を進呈予定

【視聴申込】(申込期日:2021年2月10日)
       https://forms.gle/ngN4ZG4PA7URxfnw6

5.事務局:福岡YMCAスピーチコンテスト実行委員会(担当:中野・松隈)
       TEL:092-831-1771
       Email:f-j-college@fukuokaymca.org



 
2021年1月、2月
ABK日本語教育勉強会

(オンライン開催)

現役の教師(および教師を目指す人)が、互いに学び合う勉強会です。

☆ 模擬授業から見つける 授業のヒント(第6回) ☆
空いた5~10分を活用する授業、他

☆ 日本語教育 基礎の確認(第1回) ☆
初級の助詞の整理と 具体的な教え方の例

☆ 日本語教育能力検定試験 ☆
2021年 合格するための方法

(12月21日掲載)

  1月23日(土) オンライン授業でできること(第6回)
模擬授業から見つける 授業のヒント(空いた5~10分を活用する授業、他)

15分以内の複数のオンライン授業を体験・観察して、授業のヒントを見つけましょう。
参加者みんなで学び合う勉強会です。

3つの模擬授業を扱います。有志を3名、事前に募集します。
オンライン授業でやってみたこと、やってみたいことを、15分以内で見せてください。
この回は、2つ以上は「空いた5~10分を活用する授業」を扱います。

1つ1つの模擬授業を見た後、グループで、考えたことや経験を交換し共有します。
情報交流会では、いくつかのテーマのグループを作りますので、関心のあるグループに移動しながら情報交流をしてください。自由参加です。

1月23日(土) 9時30分~11時30分(情報交流会:~12時30分 自由参加)
進行役:亀山 稔史 (ABK学館日本語学校)
模擬授業:有志の先生方
参加費:1,000円

【1月23日 模擬授業から お申し込み用リンク】
https://forms.gle/PEocMZvqjwpq2ALWA

 1月30日(土) 日本語教育 基礎の確認(第1回) 初級の助詞の整理と 具体的な教え方の例
 
『みんなの日本語』、『大地』などの初級教科書で学ぶ助詞を整理し、実際の教え方の具体的な例を共有します。
経験の浅い先生方、日本語教育を勉強中の方のための回です。
次のような助詞を「学生がわかるように説明できる」という方には必要ないと思います。
「公園+へ? に? で? を? が? ・・・」
「友だち+が? と? に? を? ・・・」
「〇〇に? から? もらう」
「〇〇で? から? つくる」

1月30日(土) 9時30分~11時30分(情報交流会:~12時30分 自由参加)
講師:亀山 稔史(ABK学館日本語学校)
参加費:2,000円

【1月30日 助詞 お申し込み用リンク】
https://forms.gle/MjyZnpeS47RxZk6P9

  2月6日(土) 日本語教育能力検定試験 2021年 合格するための方法
 
2021年に初めて検定試験を受験される方も、再挑戦される方も、合格に向けた第一歩はこのセミナーから!

以下の3部構成で行います。
第1部(情報共有):令和2年度検定試験の振り返り、受験者からよく受ける10の質問に   答えます。「何点取れれば合格できるの?」「令和2年度からの新傾向は?」「合格と不合格はどこで差が付く?」などなど。
第2部(ドリル):本試験でよく出題される分野の同レベルのオリジナル問題に、現時点でどのぐらい解けるかチャレンジしてみましょう。合格点が取れるかな?
第3部(グループワーク):グループに分かれて正解とその理由を確認します。他の人に明確に正解・不正解の理由を説明できるようになれば、自分の知識も確かなものになり、定着していきます。人に伝えることは最大の学びです。
最後に全体を振り返って、参加者それぞれが合格するための具体的な目標を立てます。

2月6日(土) 9時30分~11 時(情報交流会:~12 時 自由参加)
講師:新城宏治(株式会社エンガワ代表取締役、元アルク取締役)
参加費:1,000 円

【2月6日 検定合格 お申し込み用リンク】
https://forms.gle/ujmb6rZ9nfJQ64VH8 

 【各回共通】
 
事情により、テーマ、講師を変更する場合があります。
お申込み方法:それぞれの回のリンクからお申し込みください。
確認のメールが申し込み直後に届きますので、保存しておいてください。

お支払いは開講4日前までにお願いします。
お支払い後のキャンセルは、ほかの方と同じ資料をお送りし、参加費の返金はいたしかねますので、ご了承ください。
お支払い方法は、ABK学館のサイトの「メニュー」→「お支払い」をご覧ください。
https://www.abk.ac.jp/

ZOOMのリンク等は、勉強会の2日前にメールでお送りする予定です。
前日正午に届いていない場合は、ご連絡ください。

お問合わせ:  メール info@abk.ac.jp 件名「勉強会 問合わせ」
電話03-6912-0756 担当:亀山(授業中の場合があります)



 
日本語教師の実践力を測る!

第16回全養協日本語教師検定

日時:2021年2月21日(日)


(12月11日掲載)
 

 
会場(予定):仙台、東京、横浜、静岡、大阪、岡山、福岡、沖縄
受検料:6000円
申込期間:2020年12月15日(火)~2021年1月28日(木)17:00 【締切厳守】
※感染症拡大防止対策ため、会場ごとに申込受付可能な人数を制限しております。
定員を上回る場合は申込締切前であっても当該会場分の受付を終了いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【全養協日本語教師検定とは…】
昨今、日本語教育では日本語教師の質が課題のひとつとされておりますが、
全養協日本語教師検定は日本語教師の実践力(スキル)を測ることのできる内容となっております。
試験では日本語教育に関する知識だけではなく、受検者に問題のある授業の動画を見せ、
その問題点を記述させるというユニーク且つ日本語教師の実践力を問うことのできる
試験形式も採用しております。
国内外の日本語教育に携わる方や日本語教師志望の方、
日本語教育に関心のある方であればどなたでも受検できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

検定詳細・お申込はHP(https://www.zenyoukyou.jp/exam/)をご覧ください。
主催:一般社団法人全国日本語教師養成協議会(全養協)




 
苦しいときの神頼み
FUKUOKAふぁん One Point Lesson 

●One Point Lesson「コロナに負けるな―っ」対策第2弾
目から鱗!超簡単な文法の教え方


(12月9日掲載)

 
  語学の教え方研究所 FUKUOKAふぁん


 語学の教え方研究所FUKUOKAふぁんの河野です。相変わらず大変な状況ですが、
「コロナに負けるなーっ!」で頑張って行きましょう!

 皆さんは「日本語の文法をどうやって教えるか?!」悩むことはありませんか?
今回はそんな悩みを解消する「超簡単な文法の教え方」を教えます!

このスキルを身に着ければ、あなたはこれから私のように(笑)「できる教師!」と評判になることまちがいありません。

                 
☆彡 日本語教育をOn Line授業で学ぼう第2弾

授業内容:「超簡単な日本語の文法の教え方」を伝授。

※テキストは、みんなの日本語Ⅰ(スリーエーネットワーク)

授業形態:On Line授業(Google Meet)を媒体として使います。

講師:河野きり子(語学の教え方研究所FUKUOKAふぁん)

日時:毎週金曜日午後2:00-4:00 または午後7:00-9:00(どちらかのクラスを選んでください)

※スケジュールは2021年のものです。

8

授業日

授業課

内容※以下は中心的に学ぶ内容です。

1

1/8

L1~3とL4

●「~です」文を直接法で教える。

2

1/15

L5~7

●助詞(~へ/~を/~に)+動詞を区別できる教え方

3

1/22

L8とL12

●形容詞の文法(現在/過去/比較/最上級)

4

2/5

L10~13

●助数詞/助動詞の教え方

5

2/12

L14~17

動詞の分類と活用そして、て形の教え方

6

2/19

L18~19

●複文(~ことがあります…など)スッキリ教える

7

2/26

L20~25

●節(~と思います、連体修飾節…)をまとめて教える。

8

3/5

まとめ

●文法説明教案を作る!実践


費用:28,000円(+消費税)On Line授業です。資料(無料)添付します。

募集人員:1クラス7人まで(満員になり次第締め切ります)

申し込み先(メールで): Email:kawano@fukuoka-fan.jp

  実施団体:語学の教え方研究所FUKUOKAふぁんhttp://www.fukuoka-fan.jp
住所〒812-0013博多区博多駅東2-8-11第2石橋ビル4C (株)TABUNKA内 

       



 
千駄ヶ谷日本語教育研究所
「第16回全養協日本語教師検定」
ガイダンス対策セミナー

<動画配信>

(12月7日掲載)


 全養協日本語教師検定は、単に専門的な知識の有無を測るものではなく、
「現場で日本語を的確に教えるために必要とされる実践的な知識・能力を測る」ことを
目的とした試験で、現場に特化した試験内容となっています。

日本語教育機関の教員採用試験では、教案作成、模擬授業等の実践的な能力が問われますが、
この試験の成績は、実践力の証明として効力を発揮します。



 今年度は、2021年2月21日(日)に実施されます。
現場で役立つ実践力をつけるため、ぜひご受験ください!

※全養協日本語教師検定の申込期間は、
2020年 12月15日(火)~2021年1月28日(木)です。



Ⅰ.検定ガイダンス

 日本語教師検定の目的や概要について、詳しくご説明します。

◆配信期間
2020年12月2日(水)~2021年2月20日(土)

◆費用:無料

◆申込み方法: 各校学生課(下記)までメールやお電話にて
①氏名②連絡先(TEL、E-Mail)③参加希望日
④受講中の方はクラス(修了生の方は修了クラス)をお知らせください。

    <高田馬場校>  
    TEL:03-6265-9570  
    E-mail:center@jp-sji.org 

  <横浜校>
   TEL:03-6265-9553
    E-mail:yokohama@jp-sji.org

◆その他
ガイダンスに関しての詳細は、下記をご覧ください。
https://www.jp-sji.org/jp/kentei/zenyoukyo/guidance.html


 Ⅱ.検定対策セミナー

 日本語教師検定準拠問題集『日本語教師の実践力』の実践編
 (映像を見て、授業の問題点などを記述式で答えるもの)の問題の中から、
 「初級」1題、「中級」1題を模擬試験形式で解答し、
 その後、講師が答え方のポイントについて解説します。

  ◆配信期間 
2020年12月11日(金)~2021年2月21日(日)
※配信期間中は、いつでも何度でもご視聴いただけます。

  ◆準備するもの
日本語教師検定準拠問題集『日本語教師の実践力』

  ◆受講料
¥2,000-(税込)

  ◆申込み方法
下記のいずれかの方法でお申込みください。
   
・各校舎受付で配布する申込書にご記入いただき、
受講料と合わせてお申込みください。
 
  ・各校学生課(下記)までメールもしくはお電話にて下記をお知らせください。
    ①氏名②連絡先(TEL、E-Mail)③受講中の方はクラス(修了生の方は修了クラス)
    ご入金方法をご案内いたします。

    <高田馬場校>
    TEL:03-6265-9570
    E-mail:center@jp-sji.org

    <横浜校>
    TEL:03-6265-9553
    E-mail:yokohama@jp-sji.org

◆その他
検定セミナーに関しての詳細は、下記をご覧ください。
https://www.jp-sji.org/jp/kentei/zenyoukyo/seminar.html



 
NYA日本語教師養成講座 学校説明会
(12月4日掲載)

 ニューヨークアカデミー
 
みなさま、こんにちは。ニューヨークアカデミーです。

ニューヨークアカデミーには、福岡県内に、大橋校・博多校の2校舎ございます。

ニューヨークアカデミーでは、個別説明会を大橋校で実施しております。

「来校での説明」か「オンラインでの説明」、お好きなほうをお選びいただけます。

自宅などから参加できる「オンラインでの説明」も、大変好評です!!

また養成講座の授業見学も可能です。

説明会・授業見学のお申込みは、お電話(0120-553-718)
もしくは、下記URLからお申込みください。
https://www.ny-academy.com/briefing/

当校では毎年4月・10月からの入校をおすすめしていますが、
途中入校日からの受講も可能です。

1月~来年2月にかけて、途中入校日を設けております。
次回入校日の確認は、当校HPのトップページに記載しております。
https://www.ny-academy.com/

 
≪当校はココが違うんです!≫
・就職希望者の就職率、95%以上!(同じグループ内に日本語教育機関あり)

・実習系の授業は少人数制です。

・受講生による、講師の授業満足度平均95%

・日本語教育能力検定試験合格率50%の実績あり!(全国平均約20%)

・さらに!この説明会にご参加いただければ割引特典あり!

  安くても質が高い!ニューヨークアカデミーの学校説明会にぜひお越しください!!


≪問い合わせ先・申し込み先≫
school@ny-academy.com
   0120-553-718     
担当:坪井(ツボイ)・岡本(オカモト)
(平日:11:00~20:00、土:9:00~18:00 ※火・木・日・祝祭日・GW・お盆・年末年始はお休み)

皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
【文化庁 普及事業】多文化共生社会の実現を考える公開セミナーを実施いたします

文化庁 令和2年度 日本語教育人材の研修プログラム普及事業

『生活者としての外国人』との共生社会


一般社団法人ふくしま多言語フォーラム(東北)/インターカルト日本語学校(関東)/Semiosis株式会社(東海)/
久留米ゼミナール日本語学科(九州)/国際言語文化センター(沖縄) 主催


(12月1日掲載)

 
専修学校久留米ゼミナール日本語学科

多文化共生社会の実現を考える公開セミナー
 
令和2年度、私たちは文化庁より「日本語教育人材研修プログラム普及事業」を受託し、
今、東北、関東、東海、九州、沖縄の各ブロックで協働し、
「生活者としての外国人」に対する日本語教師初任研修を進めています。

そして同時に、「日本語教育」から一歩踏み出し、もっと大きな視点で多文化共生社会を考えようと、
「生活者としての」様々な立場の外国の方たち、外国人就労者、難民、外国人児童、留学生、日系人のことを知り、
考えるためのセミナーを各ブロックが企画しました。

多文化共生社会とは、「国籍や民族の異なる人々が、互いの違いを認め合い、
対等な関係を築こうとしながら生きていける社会」のことです。
日本が今まさにその社会に向かっていることは、私たちの誰もが感じていることだと思います。
これから多文化共生社会を実現していく一人として、ぜひご参加ください。

すべてのセミナーをオンライン※で行いますので、どこからでもご参加いただけます。
※一部 会場参加が可能なセミナーもございます



■各セミナーの日程と概要

「生活者としての外国人就労者と日本語教育」〜わかりやすい日本語でコミュニケーションを〜

このセミナーでは、生活者としての就労者について、特に日本語教育の観点から考えていきます。
外国人就労者(技能実習生を含む)は実際にどのような仕事をしているのでしょうか?毎日の生活は?日本語学習は?
当日は、(公財)国際人材協力機構の元日本語指導アドバイザーの山口千秋さんをゲストにお迎えし、トークセッションを行ないます。
技能実習生の日本語教育の最前線にいた山口さんから、彼らにとって本当に必要な日本語とは何かについて語って頂きます。

【登壇者(予定)】
山口千秋氏(元JITCO)
中川祐治氏(一般社団法人ふくしま多言語フォーラム)

主催:一般社団法人ふくしま多言語フォーラム(東北)

日時:2020年12月13日(日)14:00〜16:30(オンライン配信は16:00までとなります)

参加方法:オンライン(Zoom)/会場(ホテルハマツ)

お申し込み:
【オンライン】https://www.kokuchpro.com/event/af94e88075461bd5cb9fff2e90261cfe/1435802/
【会場】https://www.kokuchpro.com/event/d28e34ac5c6fd22bda4bb2084b1e00d7/


「生活者としての難民の皆さんと共に」〜日本語の学習が人生を豊かにする〜

日本に暮らす難民の方たちについて、私たちは何をどれくらい知っているでしょう。
ミャンマーの少数民族を支援するNPO法人PEACEのマリップ・センブ代表、長年にわたり政策面で難民支援をする
中川正春衆議院議員のほか、日本語を学ぶ人、教える人、支える人と共にこれからの共生社会について考えます。
テーマは「日本語の学習が人生を豊かにする」、日本語教育に携わる人だけでなく、
広く日本中の皆さんに参加していただきたいと思っています。

【登壇者(予定)】
中川正春 氏(衆議院議員)
マリップセンブ 氏(NPO法人PEACE代表)
宗田勝也 氏(大学教員)
寄田恭直 氏(難民クラス担当日本語教師)
難民二世の方

主催:インターカルト日本語学校(関東)

日時:2021年1月17日(日)13:00〜15:00

参加方法:オンライン(Zoom)

お申し込み:https://www.kokuchpro.com/event/af94e88075461bd5cb9fff2e90261cfe/1435809/


「生活者としての外国人児童と人生の選択肢」〜機会と可能性を広げる学習の役割〜

子どもたちが「自らの選択」に基づいて人生を歩んでいくことは、非常に重要なことです。
しかし、外国人児童がこのような人生を歩んでいくのには、さまざまな困難が存在します。
このセミナーでは、外国人児童のインタビューをもとに、専門家や現場の人の声も交え、
外国人児童に対して適切な「チャレンジの機会」が与えられるために必要なことや、
私たちが日本人としてできることが何であるか、ということについてみなさんと考えていく予定です。

【専門解説員】
南浦涼介 氏(東京学芸大学)
他1名

主催:Semiosis株式会社(東海)

日時:2021年2月7日(日)13:00〜15:00

参加方法:オンライン(Zoom)/会場(なごのキャンパス)

お申し込み:
【オンライン】 https://www.kokuchpro.com/event/af94e88075461bd5cb9fff2e90261cfe/1435812/
【会場】https://www.kokuchpro.com/event/a1d7c655d217c48fe506a7717e5c14d3/


「生活者としての日本で学ぶ留学生たち」 〜共生社会を担うグローバル人材〜

コンビニでよく見かける外国人。彼らのほとんどは、将来日本企業に就職することを夢見る留学生です。
留学中に学ぶのは、専門知識や技術だけではありません。様々な出会いや生活の中で、
日本人の価値観や生活習慣に触れることで、日本社会に適応していきます。
当セミナーでは、その後の彼らがグローバル人材として活躍する姿、そして彼らの目に映った日本を知り、
外国人との共生社会の在り方について考えます。

【特別講演】
佐藤修 氏(公益財団法人 入管協会会長)

主催:久留米ゼミナール日本語学科(九州)

日時:2021年2月20日(土)13:40〜15:40

参加方法:オンライン(Zoom)

お申し込み:https://www.kokuchpro.com/event/af94e88075461bd5cb9fff2e90261cfe/1435813/


「生活者としての日系人と“Nikkei‟」 〜アイデンティティと生活基盤を求めて〜

「移民県」沖縄では、海外出身の日系(沖縄県系)人が少なからず生活しています。
沖縄県では、ルーツの地に「還流」するそうした人々を同胞ととらえる一方で、
海外の沖縄系コミュニティとのネットワーク強化を政策的に行っています。
ルーツの地でアイデンティティを模索しつつ生活基盤を確立しようとする生活者としての日系人に焦点を当て、
様々な背景を持つ人々の言語文化に関する現状と課題を共有し、多文化共生社会の在り方を考えます。

【登壇者】
アルベルト城間 氏(ミュージシャン)
比嘉アンドレス 氏(名護市国際交流協会)
金城宏幸 氏 (国際言語文化センター代表)

主催:国際言語文化センター附属日本語学校(沖縄)

日時:2021年3月6日(土)13:40〜15:40

参加方法:オンライン(Zoom)

お申し込み:https://www.kokuchpro.com/event/af94e88075461bd5cb9fff2e90261cfe/1435814/

★お申し込みは各セミナーごとにしていただく必要がございます。
お手数ですが、上記各セミナーのお申し込みリンクより、ページ下部にある「お申し込み」日程を選択し、
それぞれお申し込みをお願いいたします。
また会場参加があるセミナーについては、会場参加とオンライン参加でお申し込みページが異なりますので、ご注意ください。


■お問い合わせ
インターカルト日本語教員養成研究所 担当:谷口・矢口
Email:seikatsusha_info@incul.com Tel:03-5816-5019




 
西日本新聞TNC文化サークル
やさしい言葉で日本語を教えよう!
体験レッスン


(11月24日掲載)

 
WAHAHA日本語学校


 日本で働いたり、学んだりする外国人が増えています。
そんなあなたの「隣人」に、身近な国際交流として、やさしい日本で楽しく日本語を教えてみませんか?

日本語学校校長と経験を積んだ同校講師が指導します。
外国人に教える模擬授業も交え、基礎文法から場面別で
実際日本での生活に使える日本語指導を目指します。
実践で使える教材や情報を各レッスンで提供します。

ボランティアを目指す方、日本語教師資格を目指す方、それぞれの方に役立つ講座です。


 ※セミナーは、コロナの感染症対策をした上で開講させていただきます 定員:20人
 
▼体験レッスン詳細▼
日程12月10日(木)
時間10時30分~12時
体験料2200円
内容:わかりやすい日本語の教え方、日本語を教える際のポイント、
モデルレッスン及び講座内容の説明等を行います。

開講日 2021年1月より第2・第4木曜日(初回1月14日(木))
     10時30分~12時 6ヶ月 12回

授業料 29,700円(6ヶ月前納)

講 師 前川 順子(WAHAHA日本語学校校長、同校講師)

お問い合わせ TNC文化サークル 天神校(ノース天神8F)
          TEL 092‐721‐3200
          HTTP://www.i-cul.jp/course/v/2832

WAHAHA Japanese Language School
授業内客のお向い問い合わせはこちらも対応します!
TEL 092‐737‐2288




 日本語教師の新しい働き方改革を目指す
TABUNKAであなたの力を生かしませんか? 

(9月18日掲載) 


●日本語教師になろうとしている皆さん、
すでに日本語教師として活躍している皆さん!
 1.教案を書くこと、大変ですか?
 2.教材を作ること、大変ですか?
 3.教師の仕事は安定していますか?

●TABUNKAはそんなみなさんの大変さや不安を取り除く新しい感覚の
 「にほん語教育」を目指します。

●ぜひ一度TABUNKA、のぞきに来てください。
 すでに教えている方、勉強している方、興味がある方、どなたでも結構です。
TABUNKA http://www.tabunka-fukuoka.com/

       
 
株式会社TABUNKA

住所:福岡市博多区博多駅東2-8-11 第2石橋ビル4F
☎ :092-408-4296(留守電対応))

Mail:tabunka.k@tabunka-fukuoka.com 河野





 福岡・いろは日本語学校

 「fjls」日本語教師養成講座受講生募集

【文化庁届出受理番号:h29040740001】