お得情報  
大学や短大で教えていらっしゃる先生方へ!   ボランティアグループの皆さんへ  日本語教師養成講座』受講生の皆さんへ



 日本語学習イベント情報日本語学習
 
このページの情報はwordでいただいた原稿を下記のような掲載枠にそのまま貼り付け、枠の色は弊店でつける方法で無料掲載しております。

掲載希望のword原稿を(下記のような掲載枠の形にしない)そのままの状態でinfo-order@otanishoten.jpまでお送りください。

ExcelやPDFの原稿をお送りいただいても掲載できません。

★ファックス等で原稿を弊店にお送りいただいた場合、入力料が一件につき、税込1,100円かかります。

 研究会情報   日本語教育学会
九州日本語教育連絡協議会 

 初級の教え方 オンライン個別サポート【日本語ラボ】


 
篠研企画 小山暁子オンラインセミナー

【フリーランサーへの道】 働き方の選択肢を増やそう!
-ビジネスパーソンへの日本語レッスンを中心にー

◆日時:2023年2月18日(土)9:00-16:30

◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/koyama_seminar/

主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442


(11月24日掲載)


  
「篠研サロン-ビジネス実践部」特別企画 滝澤ゆりかセミナー

「レッスン数5600以上!時給5,314円!
オンラインレッスンで自立した日本語教師になる具体的方法」


◆日時:12月22日(木)20:00-21:40

◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/takizawa_seminar/

主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442


(11月22日掲載)



日本語ラボ

初級の教え方実践講座2022冬 説明会&ミニセミナー

 (11月22日掲載)
    
初級の教え方に悩んでいませんか。
「これまでいっぱい文型を勉強しているのに、なかなか話せるようにならない」
そんな先生方の声をよく聞きます。

「初級の教え方実践講座」では、
初級の授業に必要なこと、大切なことについて考え、
教師の教えるスキルに磨きをかけていきます。
これまでの授業を振り返りながら、
学習者が日本語を使って話せるようになるための効果的な授業を考えます。

初級の教え方の基礎を学び、具体的に考え、実践しながら教えることに磨きをかけ、自信を持って授業に臨んでみませんか。
「初級の教え方実践講座2022冬」(オンライン)を開講します。

講座開講の前に講座の説明会とミニセミナーを開催します。参加費はワンコイン!
説明会で講座の詳細をご説明し、担当講師についてもご紹介します。
また、ミニセミナーで「初級」について、いっしょに考えてみましょう。
説明会&ミニセミナー参加後に「初級の教え方実践講座2022冬」に申し込まれる方には受講料の割引など特典をご用意しています。ぜひ、ご参加ください。

【参加費】
500円
※説明会後、実践講座にお申込みの場合、参加費の500円は受講料に充当させていただきます。

【開催日】
ご都合の良い日をお選びください。すべて同じ内容です。
各回1時間程度を予定しております。
11月26日(土)10:00
11月28日(月)10:00
11月29日(火)13:30
12月3日(土)10:00
12月9日(金)19:00
12月15日(木)10:00
12月15日(木)13:30
12月16日(金)13:30
12月16日(金)19:00

【場 所】
オンライン(ZOOM)開催
開催日前日までに、メールにてZoomURLをお送りします。

【お申込み・詳細】
http://ptix.at/5h8tV9
※Peatixよりお申込みください。

「初級の教え方実践講座2022冬 説明会&ミニセミナー」内容
1.講師紹介
2.ミニセミナー:初級の授業とは
 ・初級というレベル
 ・初級で身につけること
 ・初級授業の流れ
3.「初級の教え方実践講座2022冬」講座説明

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「初級の教え方実践講座」(オンライン)について
この講座には3つの講座があります。(下記参照)
講義を聞いて知識を得るだけでなく、課題に取り組みながら、具体的に考え、実践し、スキルアップを目指します。
大人数のセミナー形式ではなく、すべてマンツーマンで行います。
〈講座内容〉
1.学習項目の導入を考える
 ・学習項目の導入のポイントと方法
 ・導入部分の模擬授業を体験
 ・導入の流れを確認
 ・導入を考える前に(授業準備)
2.効果的な基本練習を考える
 ・基本練習とは
 ・基本練習のタイプ
 ・練習のポイント
 ・有意味な練習
3.談話練習の進め方
 ・談話練習とは
 ・談話練習の流れとポイント
 ・談話練習の模擬授業を体験
「初級の教え方実践講座2022冬」について、詳しい説明をご希望の方は、ぜひ、「説明会&ミニセミナー」にご参加ください。「説明会&ミニセミナー」にご参加いただかなくても、「初級の教え方実践講座」にお申込みは可能です。
お申込み等、詳細は日本語ラボホームページをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「初級の教え方実践講座」(オンライン)について
詳細情報(日本語ラボホームページ):
https://www.nihongo-labo.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【主催】日本語ラボ
https://www.nihongo-labo.com/   



千駄ヶ谷日本語教育研究所

「全養協日本語教師検定」ガイダンスと対策セミナー(対面・通信)開催


(11月14日掲載)

2023年2月19日(日)に実施される『全養協日本語教師検定』の目的や概要などを詳しくご説明いたします。

◆ガイダンス・対策セミナー開催場所/お問い合わせ先
千駄ヶ谷日本語教育研究所 日本語教師養成講座
東京都新宿区高田馬場1-26-7 名店ビル6F
TEL:03-6265-9570
E-mail:center@jp-sji.org
 【全養協日本語教師検定ガイダンス】
全養協日本語教師検定とは・・・
2006年より実施されている、日本語教育の現場に直接関わる実践的知識及び能力である「日本語教師の実践力」を測る検定であり、全養協日本語教師検定に合格することは、「日本語教師の実践力(日本語教師のスキル)」があることの証となります。(全養協ホームページより抜粋)

◆開催日時
【対面講座】
11月22日(火)12:40~ ※30分程度

【動画配信】オンデマンド
2022年12月1日(木)~2023年2月18日(土)
※期間中は繰り返しご覧いただけます。

◆受講料:無料

◆詳細・お申込み方法
『全養協日本語教師検定ガイダンス』
https://www.jp-sji.org/jp/kentei/zenyoukyo/guidance.html


【全養協日本語教師検定対策セミナー】
日本語教師検定準拠問題集『日本語教師の実践力』の実践編(映像を見て、授業の問題点などを記述式で答えるもの)の問題の中から、「初級」1題、「中級」1題を模擬試験形式で取り上げます。

◆開催日時
【対面講座】
12月9日(金)13:30~15:30
1月11日(水)13:30~15:30
1月21日(土)10:00~12:00

【動画配信】オンデマンド
配信期間:2022年12月1日(木)~2023年2月18日(土)
※期間中は繰り返しご覧いただけます。

◆準備するもの
日本語教師検定準拠問題集『日本語教師の実践力』

◆受講料:2,000円(税込)

◆詳細・お申込み方法
『全養協日本語教師検定対策セミナー』
https://www.jp-sji.org/jp/kentei/zenyoukyo/seminar.html

 



ワークショップ「第二言語習得理論に基づいた教材分析」

(11月2日掲載)

 第二言語習得(SLA)理論についての読書会などを主催されてきた
井料 佐紀子さんを講師にお迎えし、ワークショップを開催いたします。

「長年使ってきた教材が、今の学習者には合っていないように感じられる」
「勤務校で教科書の変更を提案したいが、うまく説明できる自信がない」
「新しい教材が話題になっているが、それがなぜ良いのかがわからない」
「不安のあまり、次から次へと出てくるツールに手を出しては翻弄されてしまう」

こんなモヤモヤを抱えている方、ぜひいらしてください。

なぜこの順序なのか、なぜここでこの活動なのか。
教科書の意図を徹底的に探りましょう。

このワークショップで得られるのは、明日から役立つ便利なやり方ではありません。
理論に立ち返ることで見えてくるもの、それが明日からの皆さんの軸になります。仲間と共に分析することで、
新たな視点も得られます。パンデミックの収束に伴い、停滞していた外国人材の受け入れも動き出すと考えられます。

 
できる日本語 初級」コース
■第1週
12月 4日(日)10:00-12:00 基礎編回 60分(できる日本語を使用したことがない方は必ずご出席ください)
12月 4日(日)14:00-16:00 分析回・前半 120分
■第2週
12月11日(日)14:00-16:00 分析回・後半、ふりかえり 120分


主催 再定義合同会社
参加費 7,000円

詳しいシラバスとお申し込みはこちらからどうぞ。
https://redefinition.co.jp/for-teachers/training/sla_id/

お問い合わせはこちらからどうぞ。
https://redefinition.co.jp/about-us-2/inquiry/




凡人社オンライン日本語サロン研修会

人とつながる 介護の日本語
~介護現場での円滑なコミュニケーションをめざして~


 (10月26日掲載)
    
日時:2022 年 12 月 11 日(日)10:00~11:30(オープン 9:40)

定員:250 名(先着順,定員になり次第締め切ります)

対象: 主に大学教員,大学院生,日本語教師,日本語教育ボランティア,など

参加費:無料 ※要予約,前々日(12/9)17 時までに招待 URL を送ります。

講師:嶋田和子先生(アクラス日本語教育研究所代表理事)

内容: 『人とつながる 介護の日本語』(アルク発行)は,介護の場面で日本語力を身につけ,自然に基本的な
知識も学べることをめざして作成しました。そして,何よりも利用者さん,利用者さんのご家族,介護現
場のスタッフとのコミュニケーションを大切にしています。巻末には「楽しい読み物」があり,あちらこ
ちらに「おしゃべりのタネ」が蒔かれている<楽しく,わくわくしながら学べる>介護の教材です。
研修会では,本書のご紹介とともに,「介護の現場で求められる日本語」について考えていきます。

主催:アルク/凡人社
お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)
E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp
※メールでお申し込みの際はタイトルに
「オンライン日本語サロン研修会(12/11)」と入れて,
本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。

凡人社オンライン日本語サロン研修会   



九州日本語教育連絡協議会 2022年度12月研修会
アフターコロナ時代の外国人材受け入れを考える
―『ゲンバの日本語』シリーズを使って―

(10月25日掲載)

 パンデミックの収束に伴い、停滞していた外国人材の受け入れも動き出すと考えられます。
第一部では、一般財団法人海外産業人材育成協会 (AOTS) 日本語教育センターの内海先生に、『ゲンバの日本語』
が作成された背景と、アフターコロナ時代の外国人材受け入れについてお話しいただきます。
また、外国人が企業で求められる日本語力と、本書を使った具体的な日本語指導についても触れ、
働く外国人に対する支援について考えます。

第二部では、九日連地区委員のゲンバ報告として熊本学園大学の塩入先生にお話しいただきます。
地域社会と外国人技能実習生の共生をめぐり、相互のニーズについて調査や議論が進みつつあります。
実習生の多くは20 代の若者であり、若い日本人との交流を望む声も多いです。
そこで、2020 年から行っている熊本県内の実習生と大学生とを繋ぐパートナー制度の試みについて、
課題や今後の計画をご報告いただきます。
外国人を受け入れている現場の方、働く外国人の支援に興味のある方、留学生の進路指導に関わっている方、
広く日本語教育業界についての学びを得たい方など、さまざまな方のご参加をお待ちしています
 
【内容】
日 時:12 月 10 日(土)13:00 ~ 16:00(受付開始:12:45 ~)
対象:外国人材の受け入れや日本語教育に興味がある方
参加費:無料
定 員:100 人
申込み:https://forms.gle/rZoGnWWaHJzeySm3A
問合せ先:kyunichiren1989@gmail.com
主 催:九州日本語教育連絡協議会 
共 催:スリーエーネットワーク

【スケジュール】
13:00 ~ 13:10 挨拶・諸注意など
13:10 ~ 14:40 【第一部】アフターコロナ時代の外国人材受け入れを考える
            ―『ゲンバの日本語』シリーズを使って―
           講師:内海陽子(一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS) 日本語教育センター)
14:40 ~ 14:50 休憩
14:50 ~ 15:20 【第二部】九州の日本語教育ゲンバ報告-大学生による外国人技能実習生パートナー制度の試み―
         九州日本語教育連絡協議会地区委員:塩入すみ ( 熊本学園大学外国語学部教授 )
15:20 ~ 15:30 挨拶・諸連絡など
15:30 終了
15:30 ~ 16:00 希望者のみ質疑応答、情報交換など
* 内容/スケジュールは変更の場合もございます。


 
篠研企画 庵功雄オンラインセミナー
「やさしい日本語」の理論と実践
-日本社会との関係性について考える-


◆日時:12月10日(土)9:00-16:30

◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/yasasii_nihongo_seminar/

主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442

(10月12日掲載)



 苦しいときの神頼み!
FUKUOKAふぁんの
One Point Lesson

日本語教師のための直接法で学ぶ中国語学習体験講座募集

(9月28日掲載) 
 
  語学の教え方研究所 FUKUOKAふぁん


日本語教師、そして教師の卵の皆さん、FUKUOKAふぁんの河野きり子です。
コロナの影響による長い長い半休業期間を経て、やっと再稼働の時が来ましたね。
そこで毎回大好評をいただいている「日本語教師のための直接法体験学習講座」の受講生を募集します。
この講座は「みんなの日本語の1課~10課」を中国語を用いた完全直接法で学びます。
きっと学生側からの目線(耳線)で教師としての自分を観察できると思います。
日本語を直接法で教えるときのコツも分かり、
短期間で簡単な中国語が劇的に話せるようにもなるお得過ぎる講座です。
どこでも受けられる講座ではないユニーク過ぎる講座なので、是非是非参加してください。


■授業内容: 「みんなの日本語の内容を中国語を使った直接法で学ぶ」
(全10回/1回90分)

■授業形態:On Line授業(GoogleMeet又はZoom使用
*使い方が分からない人もオリエンテーションで学べます。)

■講師Profile:西見圭先生(日本語教師)
・中国上海交通大学大学院卒( 国家指定重要校:卒業生の中に江沢民もいる)
・中国語のレベル:ネイティブ級

■日時:毎週土曜日(14:00~15:40)全10回

■テキスト:みんなの日本語1課~10課 完全直接法で中国語を習う
全10回 授業日 授業課 内容
第1回 10/22 Unit0 ・オリエンテーションと発音
第2回 10/29 Unit1 ・我是日本人.
第3回 11/5 Unit2 ・这是什么?
第4回 11/12 Unit3 ・卫生间在哪儿?
第5回 11/19 Unit4 ・现在几点钟?
第6回 11/26 Unit5 ・坐飞机去东京。
第7回 12/3 Unit6 ・今天下午你做什么?
第8回 12/10 Unit7 ・我向他借雨伞。
第9回 12/17 Unit8 ・京都的夏天很热。
第10回 12/24 Unit9 ・你喜欢日本菜吗?とまとめ

■費用:43,200円(+消費税)資料添付します。(無料)
(受講料割引/キャンペーン中)☆彡大谷書店HP見ました!で受講料20%OFF

■募集人員:1クラス10人まで(満員になり次第締め切ります)

■申し込み先メール: Email:kawano@fukuoka-fan.jp
              電話:092-408-4296(月・水曜日を除く午後1時から5時まで)

■ 実施団体:FUKUOKAふぁん:httsp://www.fukuoka-fan.jp          



 日本語教育の質の維持向上の仕組みに関する有識者会議(第4回)

(9月22日掲載) 



[履修証明プログラム]

日本語ボランティア 開講決定!

 (9月22日掲載)
 
福岡女学院大学 地域・国際交流センター(生涯学習)


ボランティアに興味がある方
ボランティアで日本語を教えている方
日本語教員をされている方など全ての方にオススメです!

ボランティアで日本語を教える際の基礎を学べるだけではなく、
日本語を母国語としない子どもに教える際に知っておきたいことも学べる
貴重な講座
となっております。

また、全課程修了時に学校教育法に基づく履修証明書が交付されます。
今期は
対面で講座を行いますので、
疑問に思っていることやどうしたら上手に日本語を伝えることが出来るかなど
直接講師の先生方に聞くことができます


みなさんのご参加をお待ちしております。


       


 
外国人介護従事者に対する「介護の日本語」指導法講座
(理論と実践:全16回)

◆日時:2022年12月3日(土)~2023年1月28日(土)10:00-17:00

◆内容:詳細はホームページ参照
      
https://www.kanjifumi.jp/kaigonihongo_shidoho/
主催:株式会社篠研
EMIL: info@kanjifumi.jp
電話:050-3700-3442
(9月12日掲載)



 篠研企画 笈川式日本語発音スピーチ指導法講座
【初級編 全5回】
◆日時:
・第1回 10月 1日(土)20:00-22:00
・第2回 10月22日(土)20:00-22:00
・第3回 11月12日(土)20:00-22:00
・第4回 12月 3日(土)20:00-22:00
・第5回 12月17日(土)20:00-22:00


◆受講条件:本講座の受講は、日本語教育能力検定試験合格者に限ります。

◆内容:詳細はホームページ参照
https://www.kanjifumi.jp/oikawa_speech_syokyu/

(8月16日掲載)


 
インターカルト日本語教員養成研究所 久留米サテライト(専修学校久留米ゼミナール日本語学科)
文化庁420時間カリキュラム
 
日本語教師養成講座 通信コース


(11月6日掲載) 

 
専修学校久留米ゼミナール日本語学科

 
インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所の通信コースは、
理論講座はご自宅で自分のペースで受講でき、実践講座は久留米サテライト(専修学校久留米ゼミナール)で受講できます。

プロの日本語教師を目指す方だけでなく、地域の日本語支援者、外国人材受け入れ企業の方、
教壇実習で実践力を磨きたい方など、時代の要請にこたえた幅広い方々に受講していただけるコース構成になっています。



《受講の流れ》
  理論講座:理論講座(基礎講座)32時間 + 理論講座164時間 
  実践講座:指導法104時間 + 教壇実習120時間          計420時間

1. 実践講座の受講は、理論講座の基礎講座(32時間)と文法(30時間)の履修後開始できます。
   例えば、一日2時間の学習に取り組めば、およそ一か月で教壇実習が始められます。
2. 教壇実習の開始月は2月、6月、10月なので、開始する月を決めて、その時期に向けて学習プランを立てます。
3. 1の履修が終わったら、残りの理論講座の履修と、実践講座指導法を通信で履修します。
4. 3と同時に実践講座教壇実習(通学)の受講を開始します。(週1回、又は週2回)
5. 修了試験に合格して、修了になります。修了証書をお渡しします。

《料金》
    入学金 \33,000-  
    授業料 \486,420-
  合 計 \519,420-(消費税込み、教材費別途) ※通信コース開講記念申し込み割引有   

■お問い合わせ・受講のお申し込みは 
  ☞インターカルト日本語学校日本語教員養成研究所 https://www.incul.com/jp/yosei/tsushin.php
  ☞久留米サテライト(専修学校久留米ゼミナール日本語学科)Mail:yosei@kusemi.ac.jp



 福岡・いろは日本語学校

 「fjls」日本語教師養成講座受講生募集

【文化庁届出受理番号:h29040740001】