お得情報  
大学や短大で教えていらっしゃる先生方へ!   ボランティアグループの皆さんへ  日本語教師養成講座』受講生の皆さんへ
※日本語学校、専門学校、中学、高校、大学、大学院在籍の方へ学生証を見せていただくと、特典がございます!  




イベント情報就職情報【海外】 イベント情報
 
このページの情報はwordでいただいた原稿を下記のような掲載枠にそのまま貼り付け、枠の色は弊店でつける方法で無料掲載しております。

掲載希望のword原稿を(下記のような掲載枠の形にしない)そのままの状態でinfo-order@otanishoten.jpまでお送りください。

ExcelやPDFの原稿をお送りいただいても掲載できません。

★ファックス等で原稿を弊店にお送りいただいた場合、入力料が一件につき、税込1,080円かかります。




常勤講師募集(1月10日掲載) 


東大前日本語 (Todaimae Japanese)

                                         
機関名
東大前日本語 (Todaimae Japanese)

募集職種
常勤講師

募集人数
二名

応募締め切り
2019/2/28

応募国
香港

勤務地住所
馬鞍山本校 Shop A93, Ma On Shan Centre, Sha Tin / 將軍澳校 Shop 5, Verbena Heights, Tseung Kwan O

勤務開始日
2019年前半(相談の上、柔軟に対応可。)

募集に関する備考
香港・新界東にある「東大前日本語」では、日本語講師(常勤)を募集しています。アットホームな雰囲気で、少人数・プライベート授業が中心。コミュニケーションが得意で、楽しく日本語を教えられる方に最適です。勤務については、相談の上、なるべく柔軟に対応しますので、働きやすい職場です。心身ともに健康で長く続けられる方、シニアから子どもまで幅広い学習者の気持ちに寄り添える方を歓迎いたします。新卒者歓迎。研修制度(授業見学・教育実習・資格取得支援・コーチング等)あり。香港での生活に慣れない方も手厚くサポートします。

弊校ウェブサイト
www.todaimae.com

馬鞍山本校
https://goo.gl/maps/48VLQkkETux

将軍澳校
https://goo.gl/maps/dWvfeDe1Rwx

勤務条件
・週休1.5日。週49.5時間交代制勤務(基本的に残業なし)。
・香港特別行政区の法律に従い、公休日・有給休暇・労災保険・強制積立年金(勤務1年目は免除)制度完備。
・契約期間1年もしくは2年間。勤務状況により契約満了後の延長あり。
・香港非永住者への就労ビザサポートあり(取得費用は会社負担)。

待遇
・月給21,000-22,000香港ドル(約298,000-312,000日本円)。
・3か月間の試用期間中も同一給与。
※経験・能力・面接でのパフォーマンスにより決定します。

応募資格
・4年制大卒(見込含む)以上。
・日本語母語話者もしくはそれに準じる日本語力がある方。
・香港の公用語である広東語・英語・北京語のいずれかで意思疎通が可能な方が望ましい。
・日本語教育能力検定試験合格者、420時間日本語教師養成講座修了者(見込含む)歓迎。
※日本など香港以外に在住の方でも応募できます。

応募方法
メールで履歴書(可能であれば写真および英文最終学歴証明書の写しを添付)および自己推薦文を送付。

選考方法
書類選考後、面接(香港滞在者以外はSkype等を利用したビデオ面接も可)の日程を連絡。必要に応じ模擬授業(録画可)の可能性あり。

問合せ先
info@todaimae.com, todaimaejapanese@gmail.com

採用責任者
Personnel Department(人事課)

学校紹介
・香港の新界東にある「東大前日本語(Todaimae Language Centre)」は2006年創設で、2010年に現在の馬鞍山本校、2017年に将軍澳校を開設しました。
・香港の住宅地で地域に密着した外国語教育(日本語・韓国語)を行っており、子どもからシニアまで幅広い年齢層の方が在籍しています。
・「東大前」という校名は、東京大学出身の袁代表(大学院総合文化研究科修了・国費留学生)と野村校長(文学部日本語日本文学専修課程卒・大学院人文社会系研究科修了)が学生時代に毎日利用した、東京の(駒場)東大前駅を記念したものです。
・校舎は教職員と学生の距離が近いアットホームな雰囲気で、少人数・プライベート授業を通して活発なコミュニケーションを引き出す授業を行っています。
・教員一人ひとりの成長を引き出す研修に力を入れています。
・向上意欲があり、コミュニケーションが得意で、楽しくかつ面白く日本語を教えたい方に最適な環境です。
・長く続けてくださる方、子ども好きの方をとりわけ歓迎いたします。
※類似した名称の学校と本校は一切関係がありません。




2019年度
第21回日露青年交流 日本語教師派遣事業募集案内(1月10日掲載) 


日露青年交流センター


 日露青年交流センターは、日露両国の政府間協定に基づき設置された日露青年交流委員会の事務局として1999年に設立され、両国間の国民レベルの人的交流の拡充、相互理解の増進を目的に事業を行っています。

 当センターの主な事業の一つである日本語教師派遣事業では、ロシアにおける日本語学習への関心の高まりに応え、また優れた日本人青年による交流を図るために、日本語教師の受け入れを希望するロシアの教育機関で日本語を教える教師を支援しており、これまでに180名余りの日本語教師がロシア各地で活動してきました。このたび、2019年度の事業を下記のとおり行うことになりましたので、お知らせいたします。

         
                                  記

1. 勤務地及び契約
ロシア国内各地の高等教育機関。任地は日露青年交流センター(以下、センター)が決定し、日本人教師と受け入れ教育機関との間で雇用契約を締結します。センターが契約締結をサポートします。

2. 募集予定人数 
数名

3. 業務内容
(1)ロシア各地の主に高等教育機関での日本語教授
(2)任地での青年交流、文化交流

4. 任期
2019年9月より2020年6月までの10か月間
※受入大学によって前後する可能性があります。
※総合的評価によって一任期ごとに最長3期まで延長される可能性があります。 

5. 支援内容
新規に派遣される日本語教師への支援内容は次のとおりです。支援対象は派遣教師
本人のみとし、家族の帯同は認められません。
(1)滞在費
外国滞在費:(ロシア滞在の期間中)月額16万円
         任地滞在中の衣食住に関わる費用、日本語教育・青年交流・文化交流活動に関わる費用を
         賄います。任地により、加算されることがあります。
その他、活動に関わる費用:規定により支給

(2)交通費(日本/ロシア間国際線往復航空券を含む任地までの往復交通費の負担)
(3)渡航ビザの取得
(4)海外旅行保険への加入
(5)赴任前研修
(6)健康診断費用
(7)予防接種費用

6. 派遣教育機関の待遇
(1) 給与月額12,000ルーブル以上
受入れ機関によって差があります。
(2) 教師受け入れ側による住居(大学寮またはアパート)の無償提供
最低限の居住環境は整っていますが、提供される住居設備は受け入れ先によって 差があります(ベッドルームは個室。キッチン・バス・トイレは共用の寮もあります。自己責任・自己負担で民間のアパートを借りることもできます。)
(3) 詳細は派遣教師と受け入れ機関の契約により決定されます。

7. 応募資格
(1) 日本国籍を有する方
(2) ロシアで日本語を教えるとともに日露青年交流を活性化させる意欲を有する方
(3) (2019年3月末時点で)4年制大学卒業以上、22~40歳の方
*ロシアの一部大学では修士課程修了者を希望
**試験合格後、卒業(修了)証明書の提出を求めます。

(4) 2019年3月末時点で、以下のいずれかの条件を満たす方
① 大学の主専攻または副専攻で日本語教育を学んだ方
② 日本語教師養成講座(420時間以上)を修了した方
③ 日本語教育能力検定試験に合格した方

(5) 日常生活に支障をきたさない程度の英語力又はロシア語力を有する方
(6) 海外勤務に耐えうる心身ともに健康な方
(7) 10か月間の任期を全うできる方
(8) 赴任前研修(下記11.参照)を全期間・全課程受けられる方
(9) 日本で選考試験を受けられる方
(10)日本から赴任できる方(ビザ取得の都合上)
(11)環境の厳しい地方都市への赴任を厭わない方
※冬季には外気温が-40℃以下まで下がる地域もあります。
  また、電気や温水の供給が一時的に止まることもあります。
(12)ロシア語能力もしくは日本語教授経験がある方は考慮されます。

8. 応募に際しての注意
最終合格者には、誓約書を提出していただきます。内容は以下の通りです。
派遣前もしくは派遣中にこれらの項目に違反した場合には、合格者の派遣を中止することがあります。
(1)日露政府間協定に基づく日露青年交流委員会の事業であることに鑑み、その職務の公的性質にふさわしい
   行動をとるよう努める。
(2) 派遣先教育機関での日本語教授活動のみならず、任地での青年交流・文化交流活動にも貢献する。
(3) 2019年9月から2020年6月の任期中、職務の続行に支障がある、行動が職務にふさわしくない、
   または誓約書に違反したとセンターが判断した場合、派遣打ち切りとなり、残余任期に応じて
   任地活動補助費を返還する。任期途中やむを得ない都合により長期間職務につかなかった場合は、
   任地活動補助費の当該期間分をセンターに返還する。
(4) 毎月センター宛に翌月5日までにEメールで定期報告を行う。
(5) 赴任先地域を管轄する日本国在外公館と緊密な連絡を保つとともに、
   在外公館主催行事にも積極的に協力する。
(6) 赴任先教育機関との契約に関し問題が生じた場合は、自ら交渉する努力をする。その状況については、
   センターに報告をし、必要な方策に関し相談をする。
(7) 政治的、宗教的活動を行わない。
(8) 病気、事故、犯罪等で問題が生じた場合は、直ちにセンターおよび日本国在外公館、赴任大学に連絡する。
(9) 旅行などで任地を離れる場合には、事前に旅行届を提出しセンターの承認を受ける。
(10)供与された教材及び機器類(プリンター、携帯電話等)の所有権はセンターに帰属する事を踏まえ、
    使用にあたっては十分留意する。
(11)赴任期間終了時、帰国報告をセンターに提出する。
(12)自らの意志に基づいて本事業に参加し、ロシアに渡航するにあたり、滞在中のロシア国内の法令に従い
    自らの責任において行動する。
(13)その他センターから指示がある場合には、その指示に従う。

9. 応募方法
(1) 提出書類
① 所定の応募申請書(履歴書)
 市販のものは不可。 別紙応募申請書に写真貼付のこと。
 応募申請書には、読みやすい文字で必ずEメールアドレスをご記入ください。
 Eメールは、当センターの担当者からのメールおよび添付ファイルが受け取れるよう設定してください。
② 上記7.(4)の該当項目の証明書(コピー可) 
③ 上記7.(3)(4)につき、3月末時点で卒業(修了)見込みの方は、該当項目の見込証明書(原本) 
(2) 宛先
〒105-0003 東京都港区西新橋一丁目17-14
        西新橋エクセルアネックス7階 
        日露青年交流センター 日本語教師派遣事業係
        (Tel)03-3509-6001 (Fax)03-3509-6008
        応募についてのお問い合わせは、平日9:30~12:30、13:30~17:30の間に受け付けています。
        メールでのお問い合せは、以下担当者までお願いします。
<担当者> 清水美加:shimizu@jrex.or.jp
藤村美香:fujimura@jrex.or.jp
岩城美里:iwaki@jrex.or.jp
応募用紙は、当センターのホームページ(http://www.jrex.or.jp)からダウンロードしてください。
ダウンロードできない場合は、上記までお問い合わせください。
(3)締切
2019年2月20日(水) 正午必着(応募書類は返却しません。)

10. 選考試験
(1)書類選考
応募申請書による書類審査
選考結果は 2月28日(木)までに電子メール及び郵送にて連絡します。
(2)筆記・面接試験(書類選考合格者に対してのみ)
日  時:2019年3月18日(月) 9:00~18:00(予定)
*詳細な日程は書類審査結果の通知と同時にお知らせします。
場  所:外務省会議室(予定)
試験内容:筆記試験(科目:日本語、日本語教育)
       外国語試験(ロシア語または英語選択)
       面接
      選考結果は4月10日(水)までに電子メール、郵送または電話にて連絡します。

11. 赴任前研修
期間: 2019年7月30日(火)~8月8日(木)(予定)
場所: 国際交流基金日本語国際センター(埼玉県さいたま市)
    合宿形式で行い、往復交通費、食費・宿泊費は当センターで負担します。
                                                            以上




日本語専任講師募集(1月4日掲載) 


日の出ファウンデーション


技能実習生向けの日本語専任教師を募集します 

皆様のご応募、心よりお待ちしております。

         
会社名:日の出ファウンデーション 

勤務地:インド 北東部・デリー・グルガオン・国内各地(要相談)

応募要件: 以下のいずれかを満たしている方
        ・日本語を主専攻として卒業
        ・日本語を副主専攻として卒業
        ・日本語教師検定試験合格
        ・日本語教師420時間養成講座修了
        ・無資格者も可

待遇: 以下のいずれが実際の契約条件と異なる場合は契約条件に準じます
     契約期間:最低2年間(延長可)
     勤務日数・時間:週6日間シフト制、一日当たり9時間(内1時間昼休憩含む)
     休日:祝日(年間約17日間)、有休(年間:18日間)
     給与:基本給:40,000ルピー ~ 60000ルピー現地通貨で支給(流動的ではありますが1ルピー=2.0円)
     ボーナス:あり (会社業績及び社員の人事評価により最大3ヶ月)
     住居:会社負担 (含む、基本家具、その他設備)
     交通:通勤費実費全額支給
     ビザ申請料:会社負担
     渡航費用:会社負担
     医療保険:会社にて加入手配、保険料:会社負担
     一時帰国:2年目以降、1年に1回

応募方法: 履歴書と職務経歴書を添付の上Eメールにてinfo@hinodegroup.comまでお送りください
        経験者の方は「経験年数、使用テキスト、担当レベル」を履歴書または職務経歴書にご記入ください。
        書類選考の後、スカイプ面接致します。

連絡先: B-6/8 Park Drive, DLF City Phase-5,Gurgaon, Haryana India 112-009
      代表 シャルマ ニラジュ 採用担当 飯谷 祐美
      電話 +91-97110-19199
      メールアドレス info@hinodegroup.com

会社紹介: 日の出ファウンデーションは地元ではトップレベルを誇る日本語学校です。そしてこの度、日本の新たな技能実習制度導入に伴い、インド政府認定の送出機関として技能実習生を志すインド人のために活躍して頂ける日本語教師を募集します。あなたの教える日本語がインドと日本の未来の発展に繋がります!

 日の出ファウンデーションは外国人技能実習制度の送出機関として「技能実習生」「特定技能」の介護、自動車整備職種、ビルクリーニング職種、空港グランドハンドリング職種を中心に実習生の育成にあたります。また日本で活躍するIT人材の日本語教育指導も行っています。私たちには日印関係の発展と日本の労働者不足、インドの人口増加に伴う就職先の支援など両国における問題解決に貢献していく義務があります。

 人材の育成における日本語・マナー教育は首都デリー、グルガオン、北東部を中心にインド国内各地で求められています。必要に応じて日本語教師の皆様には会社からの派遣によりインド国内各地でご活躍して頂きます。都市部から美しい自然豊かな田舎まで仕事を通じてその土地の文化を体感することができます。

 インドは歴史的にもまた国民心情としても日本に対する親近感にあふれ、目覚ましい経済発展を遂げ続ける「希望の国」です。日本との距離がますます近くなるインドの文化や生活を満喫しながら、これからの日印交流へのさらなる貢献をめざす「日の出」の仲間として、世界の舞台で活躍する人材育成の夢に向かってともにチャレンジしてみませんか?




専任講師
募集(12月28日掲載) 


Metro Computer Myanmar Co., LTD.


Metro Computer Myanmar Co., LTD.では下記の条件で専任講師を募集しております。

皆様のご応募、心よりお待ちしております。

         
勤務地:ヤンゴン/マンダレー
      No(A,B,C,D),3rd Floor,Kyaw Business Tower,
      Pansodan Street,Kyauktada Township,Yangon.

応募人数:若干名

応募条件: 法務省告示の日本語教師有資格者

勤務条件
週44時間勤務のシフト制
週28コマ(1コマ60分)程度を担当していただきます。

.待遇:
・給与:月額800,000ks~1,000,000ks(能力・経験に応じます)
・住居:社員寮(1Rアパート)の提供
*但し、水道光熱費・ネット代は実費相当分を徴収
*寮備品:エアコン、温水シャワー、冷蔵庫、洗濯機、電気調理器、ベッド、机、椅子

・交通費:学校と社員寮の距離に応じて支給有(原則徒歩圏内)
・ビザ取得に伴う交通費補助:年に4回(1、4、7、10月)、200USD/回を支給
・赴任費用(片道):貸付(1年の契約満了時は返還免除)
・一時帰国費用:契約更新の場合、1年毎に700,000ksを上限とした往復航空券料金実費を会社負担
・海外旅行保険:会社負担で加入

勤務開始日:応相談

.応募方法:履歴書(写真貼付)、職務経歴書をメールで送信してください。

.応募締切日:2019年2月28日 *ただし決定次第、終了させていただきます。

連絡先
・郵便番号:850-0862
・住所:長崎県長崎市出島町5-2
・担当者:梅原
・電話:095-811-1166
・FAX:095-811-1144
・Eメール:kaigai@metrobooks.co.jp

11.備考:
Metro Computer Myanmar は、ミャンマー・ヤンゴンでIT関連事業とIT・日本語の専門学校を運営している日系企業です。
 現在4名の日本人が駐在しており、現地学生への日本語指導や現地スタッフへの日本語研修等を行っています。学生数・コース数の増加に伴い、日本語教師を追加募集いたしますので日本語教育・ミャンマーに興味をお持ちの方のご応募をお待ちしています。
・HP http://www.metro-myanmar.com/mic




  国際交流基金
2019年度海外日本語教育調整員(JF講座調整員)募集

(カンボジア日本人材開発センター/ラオス日本センター)

(12月22日掲載)


 国際交流基金




  国際交流基金
2019年度海外日本語教育調整員(JF講座調整員)募集

(マドリード日本文化センター)

(12月22日掲載)


 国際交流基金




専任講師募集(12月19日掲載) 


日経日本語学校 (香港)

                 
職種:専任講師

場所: 香港  2/F Ko Kie BLDG., 9-11 Jordan Road, Kowloon, Hong Kong
   
    ☆2016年に、創立30周年を迎えた、歴史ある学校です。
    ☆香港の繁華街、佐敦(ジョーダン)、銅鑼湾(コーズウェイベイ)、旺角(モンコック)の3ヵ所に校舎があります。
    ☆子供クラスから成人クラスまで、様々な年齢の学生が勉強しています。
    ☆香港人教師も多く、香港人スタッフも日本語が話せるので、安心して働くことができます。
    ☆研修期間の指導もあり、未経験の方でも、学びながら教壇に立つことができます。

応募条件
    ・420時間日本語教師養成講座修了または日本語教育能力検定試験合格
    ・4年制大学卒(短大卒の場合は、日本語教授経験あり)
     ・授業以外の事務作業、定期会議、学校活動に参加できる方
       (研修期間3ヶ月、教案指導などあり)
    ・2019年3・4月勤務開始 相談可能 (応募締め切り 2019年2月15日)

勤務条件
   ・平日週休1~1.5日及び香港の祝祭日、有給休暇(香港の労働法規による)
   ・授業時間週平均25時間程度+事務業務(事務作業・教材作成・会議・学校行事など)=40~50時間

待遇 
   ・本契約(経験により)月額HK$14,000~
    (入寮しない場合、住宅手当込み HK$19,500~)
    ・契約期間 2年
    ・寮完備(寮費当校全額負担、管理費・雑費定額自己負担)
    ・昇進、ボーナス有り
    ・渡航費補助毎年支給(定額)
   ・医療,労働保険料当校全額負担
   ・ワーキングビザ申請費当校全額負担

応募方法
    ・メールにて写真つきの履歴書を採用担当者までメールにてお送りください。
    ・日本語教授経験がある方は、担当されたクラスレベル等の詳細を履歴書にご記入ください。
    ・書類選考後、スカイプ面接を行い、模擬授業をしていただきます。
      採用担当者:柏木
      送付先アドレス:kashiwagi@nikkei.edu.hk




日本語教師募集(12月8日掲載) 


Dungmori 株式会社

         
1.Dungmori 株式会社

2.ベトナム ハノイ

3. 応募資格
① 日本語教育経験がある方優遇。未経験の方も歓迎します。
  四大卒(労働許可証のために必要)が望ましい。高卒でも、各種日本語教師資格がある方は気軽にご相談ください。
② 社会経験がある方優遇。
③ パソコンが使える方。
④ 日本語を教えるのが大好きな方。
⑤ 教え方を工夫するのが好きで、明るく健康で、ベトナムに興味を持っている方。
⑥ 心身ともに健康で、人間関係に節度を保てる方。

5.勤務時間
月曜日から金曜日
7:00-11:30、17:30-21:00 
土曜日
毎週7:00-15:00(月に一度)
日曜日
休み

6.待遇(能力や人間性で判断)
(1)給料:4000万ドン(20万円程度)
内容:ビデオ出演、ビデオ編集、日本語教師、資料チェック、資料制作、事務業務、管理業務
時間:8時間勤務、緊急時通訳提供

(2)給料:3000万ドン(15万円程度)
内容:ビデオ出演、日本語教師(N2授業)、資料チェック、資料制作、事務業務、
時間:8時間勤務、緊急時通訳提供

(3)給与:2000万ドン(10万円程度)
内容:日本語教師(N5N4授業)、広告動画、資料チェック
時間:8時間勤務、緊急時通訳提供

(4)給料:1600万ドン(8万程度)試用期間
内容:日本語教師
時間:8時間勤務、緊急時通訳提供

福利厚生:社内健康保険、(試用期間は入院、手術のみ支援あり)
授業時通訳提供、緊急時通訳提供、寮支援金300万ドンまで。
※ただし、試用期間3か月は年齢・経験問わず1600万ドン

7.Emailにて履歴書と直前に受けた健康診断書を添付ファイルでお送りください。
後日、日本から応募の方はSkype、ハノイ在住の方は当校にて面接いたします。
郵便番号;なし
住所;19 Nguyen Trai, Thanh Xuan, Hanoi, VIET NAM
担当者;嶋川 勇輝
電話番号;(+84)2462-620-985
Email; simayuki1978@gmail.com




選任日本語教師募集
(12月5日掲載) 


DOK-MALLY SCHOOL

 
私たちのスクールは、日本語部門・日本留学試験及び文部科学省留学生試験指導部門とインターナショナルスクール生指導部門があるスクールです。日本語部門の生徒さんは、子供クラスから社会人クラスまでの多くの生徒さんが学習しています。場所は、バンコクのトンロー地区にあり日本人が多く居住している地域で非常に生活しやすく安全な地域に位置しています。スクールの方針は、明るく楽しい授業を全スタッフが心がけて毎日、楽しく指導しています。

         
1.勤務地
タイ・バンコク・トンロー Soi10

2.応募条件
1)下記のいずれかを満たす方
・日本語教師養成講座修了
・日本語教育能力検定試験合格
・大学で日本語を専攻
・上記以外の方で、過去に日本語指導経験がある方(アルバイト・ボランティアOK)
2) 35歳位まで
3) 健康な方
4) 子供の指導が可能な方(子供が好きな方)
5) 簡単な英語でのコミュニケーションができる方

3.雇用形態
常勤(正社員)

4.待遇
月給40,000 バーツ
1年毎に昇給あり(業績優秀者には、途中昇給あり)
帰国及び一時帰国航空券費用支給(契約2年満了後帰国、または一時帰国される方)
社会保険支給
民間団体医療保険支給(保険料は、全額会社負担)
アパートの紹介あり
就労ビザ及び労働許可証支給(会社全額負担)
週休1日

長期休暇あり(年末年始5日・タイ正月休み2週間・夏季休暇1週間)
年2回ボーナス支給 (実績による)
日本在住の方は、赴任までの期間で、SKYPEによる研修サポートを行いますので
初心者でも安心してスタートできます。

5.応募方法
履歴書(写真付き)を下記記載のメールまたは郵送にてお送りください。書類審査の上、面接日をご連絡いたします。面接は、タイ国外の方はSKYPEにて行います。

6.応募締め切り
2019年1月31日(但し、決定次第終了)

7.連絡先
Room No.601, The OPUS Building, 139 Soi Thonglor 10 (Sukhumvit 55), Sukhumvit Rd, Klongton Nua, Wattana, Bangkok 10110 Thailand
担当者 IKUTA
電話 (+66)-2-714-8704 (+66)-2-392-6230
Eメール dokmally2@gmail.com




常勤日本語講師募集(11月26日掲載) 


チリ サンチアゴ Centro de Estudios Integrales de Japón, CEIJA

         
1)募集機関名
・チリ サンチアゴ Centro de Estudios Integrales de Japón, CEIJA
-----------------------------------------------
(2)郵便番号・住所 *(1)の所在地および勤務地
・7500545 Cirujano Guzmán 176 Providencia Santiago Chile
 
-----------------------------------------------
(3)電話・e-mail・担当者
TEL: +56-2-27176014
e-mail:  info@ceija.cl
担当者: 中井
-----------------------------------------------
(4)職種と募集人数
職種: 常勤日本語講師
人数: 1名
勤務開始:2019年3月
-----------------------------------------------
(5)募集条件
・下記のいずれかに該当する方
①日本語教育専攻者、または副専攻者
②養成講座420時間修了者、または検定試験合格者
      
・心身ともに健康で単身で赴任ができる方
-----------------------------------------------
(6)応募方法
・履歴書に写真を添付し、下記連絡先まで送付してください。
info@ceija.cl
-----------------------------------------------
(7)締切日
2019年12月31日
-----------------------------------------------
(8)契約機関
・(1)に同じ
-----------------------------------------------
(9)待遇
・専任講師
・給料: CLP 550,000   (2018年11月US$820程度)
・ビザ申請サポート、経費会社負担
・住居費補助有り
-----------------------------------------------
(10)備考
・授業日数 : 月曜から土曜
・勤務時間 : 平日10時~21時 土曜9時~17時 の間に
         平均4コマ(1コマ90分)

チリ、サンチアゴで講座を通し日本語、文化普及の目的で12年前に日本人により設立された民間の機関です。
中心になる日本語講座はこどもから大人まで様々な形態の講座を提供しています。




専任日本語教師募集(11月24日掲載) 


JVNET株式会社

         
【勤務形態】
 専任日本語教師(3名)

【勤務地】
 ベトナム ハノイ
 Trung Hau, Tien Phong, Me Linh, Ha Noi, Vietnam

【条件】
 ・4年制大学卒業
 ・abcいずれかの条件を満たす方
  a)大学で日本語学主専攻又は副専攻
  b)日本語教育能力試験 合格者
  c)日本語教師養成講座420時間 修了者

 ・経験者の方 優遇(未経験の方も大歓迎)
 ・社会経験がある方 優遇
 ・年齢:50歳位まで
 ・性別不問
 ・2年以上勤務していただける方
 ・基本的なパソコンスキルをお持ちの方(ワード・エクセル)
 ・明るく健康で、ベトナムの生活に順応できる方
 ・2019年3月大学卒業予定の方、勤務開始日が2019年4月1日以降をご希望の方もご相談ください。

【待遇】
 ・基本給:1300ドル~ <USDで支給>(2年以上クラス経験のある方)
  *2年以上ではない方は、経験を考慮いたします。(1100ドル~)
 ・年1回、賞与・昇給あり
 ・勤務時間:8:00~17:00(移動時間を含まない)
 ・健康保険:会社負担
 ・休日:第1・3・5土曜日・日曜日・ベトナムの祝日
 ・住居:会社が用意するアパート 無償提供(送迎バス発着場所まで徒歩5分)
 ・年1回、社員旅行(例年8月実施)
 ・水道光熱費:自己負担(月に20~30ドル程度)
 ・学校での昼食:無料
 ・渡航費:一部または全額補助(会社規定により上限有り)
 ・2年勤務いただける方に、1年後の日本往復航空券支給
 ・ VISA・労働許可関係書類申請費用:会社負担

【応募方法】
 メールにて、履歴書(写真添付)・職務経歴書(ご経験者の方は日本語教授歴の詳細)を岩元宛 
 (h-iwamoto@jvnet.com.vn)に送付ください。

【応募締切日】
 2019年2月28日

【連絡先】
 44 Tran Cung Tu Liem Ha Noi Viet Nam
 担当者 岩元
 電話(本社) +84-243-3755-6251
 電話(学校) +84-243-818-6313
 Eメール h-iwamoto@jvnet.com.vn

【備考】
・弊社は、日本で就業予定の技能実習生に日本語やマナー教育をしております。
・2005年設立以来、これまで数多くの実習生(約6000名以上)を送り出した実績があります。
・現在、約800名の生徒が勉強しております。
・生徒数増加のため、日本語やマナー、日本の生活について教えていただける専任教師を募集しております。
・現在ベトナム人教師:約40名・日本人教師:7名在籍しており、アットホームな雰囲気の職場です。
・日本人教師、ベトナム人教師とも直接法で授業を行っております。
・未経験の方には、授業見学、教案の書き方、教授法勉強会等を通して研修がありますので、
安心してご応募ください。
・やる気のある方、元気で明るい方からのご応募、お待ちしております。




専任日本人会話講師募集(11月17日掲載) 


韓国ソウル 時事日本語学院(本校)

         
(1)募集機関名
・韓国ソウル 時事日本語学院(本校)
-----------------------------------------------
(2)郵便番号・住所 *(1)の所在地
・110-111 ソウル市鐘路区貫鐵洞16-1
 
交通
・地下鉄1号線鐘閣駅 徒歩3分(本校)
勤務地
・江南、鐘路、新村のいずれか
-----------------------------------------------
(3)電話・e-mail・担当者
TEL:+82-2-737-1582
e-mail:jr-jpmaster@sisadream.com
担当者:里井
-----------------------------------------------
(4)職種と募集人数
職種:専任日本人会話講師
人数:1名
勤務開始:2019年1~2月
-----------------------------------------------
(5)募集条件
・日本の四年制大学卒業者(原則)
・下記のいずれかに該当する方
          ①日本語教育専攻者、または副専攻者
          ②養成講座420時間修了者、または検定試験合格者
          ③日本語教育経験者
・2018年10月下旬までに、こちらにいらっしゃることが可能な方
・韓国語が日常会話以上可能な方
・日本の会社で3年以上の経験がある方優遇
・日本語教師未経験者可
-----------------------------------------------
(6)応募方法
・履歴書に写真を添付し、下記連絡先まで送付してください。
jr-jpmaster@sisadream.com
-----------------------------------------------
(7)締切日
2019年12月31日 ※ただし決まり次第終了
-----------------------------------------------
(8)契約機関
・(1)に同じ
-----------------------------------------------
(9)待遇
・専任講師
・給   料:1,500,000ウォン~2,200,000ウォン(経験と担当コマ数による)
・ビザ   :ビザ申請可能
・寮 : あり
-----------------------------------------------
(10)備考
・授業日数 :1ヵ月に20日
・授業時間 :平日6時50分~21時40分 の間に4~5コマ(1コマ90分または50分)
40年の歴史を誇る、韓国最大の日本語専門学院です。日本人講師も多数勤務しておりますし、研究会などを通して新人の先生の教育も行っておりますので、初めての方でも安心して働ける環境です。
http://www.japansisa.com/




日本語常勤講師募集(11月10日掲載) 


江蘇理工学院

         
機関名 江蘇理工学院

募集職種 日本語常勤講師

募集人員 1 名

応募締切 2018/12/31

勤務国 中国

勤務地住所 江蘇省常州市

勤務開始日 2019年3月

募集に関する備考
週12-16コマ(1コマ45分)の授業を担当。
その他クラス出欠管理?定期試験作成/コンクールの審査や指導などもお願いします。
指導生は大学日本語学科の学生です。

【交通アクセス】
常州市内にあり、上海虹橋駅から新幹線+バスで2時間程度。
勤務条件 8:00~11:40(午前クラス)、14:00~18:00(午後クラス)
授業時間数:1コマ45分(週に12~16コマを担当いただきます)
土/日/(中国の)祝日、夏/冬期休暇有
授業以外の時間帯には自由行動が可能です。

待遇
① 月給7,000-9000人民元。他に海外旅行保険有り。
② 1LDKの寮(風呂付き、家具や電器有り)を無料で提供。
③ 航空券手当7000人民元/年、旅行手当1100/1学期。

応募資格
①四大卒以上
②母語が日本語
③日本語教師の経験2年間以上(勤務先に証明書類を発行してもらう必要があります。非常勤講師も可。)または日本語教育能力検定資格を有します。
④就労ビザ発行の関係上、60歳以下の方に限定させていただきます

応募方法
担当者にメールで履歴書(写真付き、日本語教育歴を明示するもの)をご送付ください。

選考方法
書類選考後、面接により採用を決定いたします

問合せ先 shupujian@jsut.edu.cn 疎
採用責任者 疎 蒲剣




日本語常勤講師募集(11月6日掲載) 


T.N.L Japan & Vivaxan Jsc(ベトナム送り出し機関)

         
【就労形態】
常勤講師募集

【会社名】
T.N.L Japan & Vivaxan Jsc(ベトナム送り出し機関)

【勤務地】
ベトナム・ハノイ

【応募条件】
不問
※ただし下記条件のいずれかを満たす方は優遇いたします
①大学院または4年制大学の主専攻あるいは副専攻で、日本語教育を修了(修士以上優先)
②養成講座(420時間)修了
③日本語教育能力検定試験に合格

【業務内容】
実習生向けの日本語教育。日本語はもちろん、日本の生活文化、習慣、マナー、ルールなどを教えながら、日本での就労を意識した教育を行っていただきます。

【給与】
月給10万円~、ボーナス 年1回
家賃手当 2万円、年1回社員旅行

【勤務時間】
月曜日から金曜日の8時~17時、土曜日の午前中
(訪日前の多忙な時期など、残業あり)

【応募方法】
下記メールアドレスまで、履歴書をお送りください。
その他、ご希望ご質問などございます場合も気軽にご連絡ください。
皆様からのご応募をお待ちしております。
酒井:sakai.yasuhiro.5515@gmail.com




  国際交流基金 2019年度経済連携協定(EPA)
日本語予備教育事業 日本語講師募集について


(10月31日掲載)


 国際交流基金


【募集機関】
独立行政法人 国際交流基金
160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1

【勤務地】
フィリピン :マニラ日本文化センター所属
インドネシア:ジャカルタ日本文化センター所属

【職種と募集人数】
職種: 日本語講師
人数: インドネシア32名、フィリピン24名、計56名程度(予定)

【業務内容】
日本語講師として、初級・中級日本語、日本での生活に必要な社会文化理解の授業を行うほか、クラス担当として学習者の自律学習支援を行います。日本から派遣される他の講師やインドネシア人及びフィリピン人の日本語講師と組んで、チームティーチングで授業を進めていくこととなりますので、チームワークを重視しています。
現地では、週5日間授業があり、他のEPA日本語講師や現地講師とチームを組んで、専任講師として日本語クラスを担当します。担当する日本語授業は、週12~15時間で、その他にも日本での生活に必要な社会文化理解の授業、自律学習支援、口頭能力を含む評価作業等、さまざまな教務を担います。
教務主任・副主任として派遣されている日本語教育専門家の支援のもと、予備教育の実践の場で密度の高い経験を積むことができます。
安全のため、現地では派遣講師全員が基金が提供する同じ建物の個別住居にすみ、送迎バスで研修施設へ移動します。

【募集条件】
1.日本国籍を有し、日本語を母語とする者
2.2019年4月1日現在、満65歳未満の者
3.2019年4月1日の時点で、4年制大学卒業以上の学歴を有し、且つ以下のいずれかを満たしている者(見込みを含む)
  a)大学で日本語教育を主専攻/副専攻として修了した者
  b)日本語教育能力検定試験に合格した者
  c)文化庁国語課への届出を受理された日本語教員養成研修実施機関・団体
    による日本語教師養成講座420時間を修了した者(2019年9月1日までに修了見込みの者を含む。) 
    http://www.bunka.go.jp/seisaku/kokugo_nihongo/kyoiku/kyoin_kenshu/

4.基金が別途指定する派遣前研修に全日程参加できること
5.基金指定の時期に赴任が可能なこと。原則、派遣期間中を通して現地に滞在できること(公用旅券での渡航となるため、病気等の理由を除き、派遣期間中に任地を離れることはできません。)
6.赴任手続きのため、内定後期限内に戸籍抄本及び規格に沿った写真等の必要書類を準備できること
7.赴任手続きを円滑に行うため、内定から赴任までの間、原則として日本国内に滞在していること
8.心身ともに健康であること
9.海外での長期滞在の任に堪えうる者
※業務上は看護・介護に関する専門知識や現地語・英語の能力は問いません。

【当基金が講師に提供するもの】
1.報酬等:赴任地域別に定められた額を支給します(月額:新規派遣者約14万円、再派遣者(連続派遣でない講師も含む)約17万円)。
※派遣先国によって金額が異なり、派遣先国の物価、生活水準、為替相場等の状況に照らし、支給額が変更となる場合があります。上記はあくまで目安とお考え下さい。また、源泉徴収の対象となります。
2.住居:セキュリティや通勤の利便性を勘案して選定した住居を提供します。光熱費、インターネット代等は講師の自己負担となります。
3.旅費:往復航空券を現物支給するとともに、基金規程に基づき赴帰任旅費(支度料・移転料等を含み計約60万円)を支給します。
4.共済制度:業務上傷害補償制度、国際交流専門家等補償・共済事業に加入していただきます。
5.その他:業務上必要な日本語教材、機材は基金が用意し、現物支給もしくは貸与します。

【応募方法】
HPより応募書類をダウンロードし、記入のうえ郵送してください。

【締切日】
第1回応募締切 2019/1/9
第2回応募締切 2019/3/29

【説明会情報】
2019年度EPA日本語講師募集説明会を、当基金J-LEAP事業の説明会とともに合同で開催致します。

日時: 2018年12月1日(土) 14:00~16:00
★EPAのパートは第一部(14:00~15:00)のため、第一部のみのご参加も可能です。
会場: 国際交流基金 本部オフィス2階 ホール「さくら」 (最寄駅:四谷三丁目)

【その他】
詳細は下記HPよりご確認ください。
http://www.jpf.go.jp/j/about/recruit/epa_2019.html
※なお、お問い合わせはEmailにてお受けいたします。お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

また、本募集やEPA予備教育事業については、以下のページも是非ご覧ください。

● EPA(経済連携協定)日本語予備教育事業ホームページ
https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/education/training/epa/index.html

● EPA (経済連携協定)日本語予備教育事業とは─ 事業概要 ─
https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/education/training/epa/about.html

● EPA (経済連携協定)日本語予備教育事業とは─ よくある質問 ─
https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/education/training/epa/faq.html

● EPA (経済連携協定)日本語予備教育事業とは─ 講師インタビュー ─
https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/education/training/epa/interview/index.html

【問い合わせ先】
E-mail: epakenshu@jpf.go.jp
担当 : 日本語事業部事業第1チームEPA担当




  米国若手日本語教員(J-LEAP)派遣事業

(10月24日掲載)


 国際交流基金


【募集事業名】 
米国若手日本語教員(J-LEAP)

【契約機関】
独立行政法人国際交流基金 
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
FAX:03-5369-6040
※ただし、当基金との直接的な雇用関係ではなく、業務委嘱契約となります

【勤務先】 
アメリカ合衆国の小・中学校、高校

【職種・募集人数】
アシスタントティーチャー(常勤)
6名程度

【契約期間】
2019年7月下旬より赴任予定(原則として2学年間)
※ただし契約は1年ごとに更新

【業務内容】
米国内の初中等教育機関において、アシスタントティーチャーとして同機関の日本語教師(リードティーチャー)とチームティーチングを行い、授業、教材・カリキュラム作成、宿題・テスト評価等の補助活動を行うほか、受入機関や周辺コミュニティにおける日本文化・社会理解促進に関する活動(地域イベントの参加や主催など)を行う。

【応募資格】 
下記(1)~(8)をすべて満たす者
(1)日本国籍を有し、日本語を母語とする者
(2)2019年4月1日現在で満35歳未満である者
(3)4年制大学卒業以上の学歴を有すること(2019年3月卒業見込みも含む)
(4)以下3つのうちいずれかに該当する者
-2019年4月1日現在、大学または大学院で日本語教育を主専攻または副専攻として
修了している
-応募時点で日本語教育能力検定試験に合格している
-2019年3月末日までに日本語教師養成講座(420時間)を修了している
※大学院に在学中でも応募可能
※日本語教育経験については問わないが、リードティーチャーとのチームティーチング
に必要なコミュニケーション力、協調性、柔軟性を有すること
※海外在住経験歓迎
※他の職歴経験者歓迎
(5)心身ともに健康で、2年間の米国での業務や生活に対応できる健康状態であること
(6)普通自動車第一種運転免許を取得していること
(7)2019年5月14日~17日に国際交流基金日本語国際センター(さいたま市北浦和)で
実施予定の派遣前研修に全日程参加できること
※上記派遣前研修に参加が可能であれば、応募時点で海外に在住している方も
応募可能です
(8)業務を行う上で必要な基本的な英語力を有すること

※詳細は以下の当基金ホームページに掲載中の募集要項をご確認ください。
J-LEAPホームページ:https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/dispatch/voice/j-leap/index.html

【待遇】
・基本報酬、在勤加算(勤務に必要な現地生活費等)を支給。
※前年度実績:基本報酬75,250円、在勤加算135,700円(ミネソタ州の例)
・その他、各種旅費、住居経費、車両購入補助費、保険費用等を支給
※詳細は当基金ホームページに掲載中の募集要項をご確認ください。

【応募方法】 
募集要項・応募用紙(WORDもしくはPDFファイルを選択)を基金ホームページからダウンロードし、その他提出書類とともに基金まで郵送にてご提出いただきます。
※応募用紙の記入は、手書きでもパソコン入力でも構いません。

詳しい募集要項、提出書類、送付先、締め切り等については当基金ホームページをご確認ください。

【応募締切日】 
2019年1月29日(火)必着

【担当者からのメッセージ】
J-LEAPは、若手日本語教師が米国を舞台に、経験や専門知識を深める機会として、日本語教師未経験者から経験者まで幅広く募集を行っています。皆さんの日本語教師としてのポテンシャルを重視します。以下の求める人物像をお読みいただき、ご興味をお持ちいただいた方はぜひご応募ください。

<求める人物像>
ア.リードティーチャーをはじめ他者と円滑に業務遂行を行う上でのコミュニケーション力や協調性を有すること
イ.受入機関のスケジュール、イベント開催等による休日における活動要請に柔軟に対応できること
ウ.受入機関の日本語教育の活性化及び自己の日本語教授能力の向上に常に強い意欲を持ち続けること
エ.日米文化交流と対日理解促進へ高い関心を持ち、積極的に寄与できること

【公募説明会の開催について】
2018年12月1日(土) 14;00~16:00
★J-LEAPのパートは第二部(15:00から開始)のため、第二部のみのご参加も可能です
<会場>
国際交流基金 本部オフィス2階 ホール「さくら」 (最寄駅:四谷三丁目)
<内容>
公募担当者によるJ-LEAPの事業内容や募集要項に関する説明に加え、実際にJ-LEAPを通じて米国に派遣されたJ-LEAP経験者による経験談の発表を予定しております。現地での具体的な授業や地域での活動内容など生の声を聞くことができる貴重な機会ですので、ご興味をお持ちの方はぜひ気軽にご参加ください。

【お問い合わせ先】
独立行政法人国際交流基金 日本語事業部 J-LEAP公募担当
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1
FAX:03-5369-6040
メール:jfkouza@jpf.go.jp



 
韓国語講師募集>
(4月8日掲載) 


Azjatyckie Centrum Językowe

 
Kpopや韓流ドラマの影響もあり現在ポーランドでは韓国語人気が高まっています。
遠く離れたポーランドで韓国語習得の為、ポーランド人学生が日々頑張っています。
小さい学校ですが“アットホームにいつもみんなで楽しく!やる時はやる!”をモットーに。

どんなことも明るく当校を一緒に盛り上げていってくれる先生を募集します。



<勤務地>ポーランド Katowice/Wrocław

<勤務開始予定>内定決定後、できるだけ早く赴任可能な方が望ましい(就労ビザ取得後)

<勤務形態>韓国語講師

<仕事内容>ポーランド人学生へ(幼児・中高生・大人)韓国語の授業。
         文法&会話。レベルは初級が殆どです。初めて勉強する学生ばかりです。

<採用人数>2名  

<条件>①韓国語教師養成課程 修了者。
      ②韓国語教育経験のある方。
      ③TOPIK5級、ハングル検定2級以上の韓国語能力をお持ちの方
      ④韓国語を母国語とする方(ネイティブスピーカー)
        ※上記の①~④のどれかを満たす方。
        (履歴書のメールに修了証など証明できるものを添付してください。)

     ●エクセル/ワードなどのコンピューター操作が出来る方。
     ●簡単な英会話が出来る方。
      (社内での会話、イベントやレクチャー等で必要です。授業は直説法。レッスンで時々、簡単な英語も必要な時があります。)
    
 ●年齢・国籍不問。
     ●教育への熱意と責任感があり環境適応能力、自己管理能力のある方。
     ●人柄重視。
     ●一年以上働ける方優遇。

<待遇>
●給料 2300zl (ポーランド国内で生活に困らない金額です)
●週休2日: 平日1日と 日曜日(なにかイベント等ある際は勤務になる場合があります) 
●レッスン数は週に最大15コマくらい(1コマ=90分)
●保険あり
●住居探し無料代行
●渡航費:自己負担
●契約期間 1年(更新可能)

<応募方法>Eメールにて顔写真付きの履歴書(日本語もしくは韓国語と英語の物)と職務経歴書をお送りください。
         書類選考後、メールにてご連絡致します。

<応募締切日> 決定次第、締め切ります。

<面接> Skypeもしくは、3月に日本で面接。(場所は東京を予定しています)
(書類選考後、面接に進んでいただきます。※面接の際の交通費などは自己負担でお願いします。)

★備考
当校では、日本語・韓国語・中国語のコースがあり 
現在 日本人5名 韓国人1名 中国人1名が勤務しています。

<連絡先/担当者> azuacj@gmail.com   / Wieczorek
<学校ウェブサイト> http://acj.edu.pl/