苦しいときの神頼み
FUUOKAふぁん One Point Lesson 

●「日本語教育」をOn Lineで学ぼう。


(11月4日掲載)

 
  語学の教え方研究所 FUKUOKAふぁん


 皆さん「コロナに負けずに」頑張っていらっしゃいますか?
私は「今がチャンス!」と毎日「日本語教育研究」に勤しんでいます。

これからは「日本語教育もOn Line授業で」の時代到来ですね。
で、日本語教師&卵のみなさん
One Point Lesson「コロナに負けるな―っ」対策第2弾です。

「日本語教育をOn Line授業」で受けてみませんか。皆さん自身が学生になることで、
どんな授業が「On Line」に適しているかを発見し、認知し、自身のキャリアUpにもつなげられます。
今回の授業内容は「日本語文法教育の教え方」です。

一度初級の学生に日本語を教えたことのある人は「文法指導」に苦労したことがあるでしょう。
今回はこの文法を「☆彡キラリーンと教える極意!」を伝授します。
このスキルを身に着ければ、あなたはもう「できる日本語教師!」と評判になることまちがいありません。

                 
☆彡 日本語教育をOn Line授業で学ぼう第2弾

授業内容:「日本語の文法」を☆彡キラリーンと教える極意を伝授。

※テキストは、みんなの日本語Ⅰ(スリーエーネットワーク)

授業形態:On Line授業(Google Meet)を媒体として使います。

講師:河野きり子(語学の教え方研究所FUKUOKAふぁん)

日時:毎週金曜日昼14:00-16:00または夜19:00-21:00(どちらかの時間に受講できます)

※スケジュールは2021年のものです。

8

授業日

授業課

内容※以下は中心的に学ぶ内容です。

1

1/8

L1~3とL4

●名詞文から動詞文への移行

2

1/15

L5~7

●助詞(~へ/~を/~に)+Vますの関係

3

1/22

L8とL12

●形容詞の文法(現在/過去/比較/最上級)

4

1/29

L10~13

●助数詞/助動詞の教え方

5

2/5

L14~17

動詞の分類と活用(~て形、ない形、…)の教え方

6

2/12

L18~19

●複文(~ことがあります、~たり、…たい)の教え方

7

2/19

L20~22

●普通形と節(~と思います、連体修飾節…)

8

2/26

L23~25

●間接話法、モダリティ、、、の文法説明のやり方


費用:28,000円(+消費税)On Line授業です。資料(無料)添付します。

募集人員:1クラス10人まで(満員になり次第締め切ります)

申し込み先(メールで): Email:kawano@fukuoka-fan.jp

  実施団体:語学の教え方研究所FUKUOKAふぁんhttp://www.fukuoka-fan.jp
住所〒812-0013博多区博多駅東2-8-11第2石橋ビル4C (株)TABUNKA内