12月8日(土)九州日本語教育連絡協議会 2018年度12月研修会

介護に関わる外国人への日本語指導

~『はじめて学ぶ介護の日本語 基本のことば』を使った授業の一例~


(10月24日掲載)



 九州日本語教育連絡協議会


 多様化する社会と学習者のニーズに応えるために、日本語教師ができることは何でしょうか。

今後ますます必要性の高まる「介護」に関する日本語教育を取り上げ、
学習者のゴールを見据えた支援について考えます。

 
 在留資格「技能実習」へ「介護」の導入、在留資格「介護」の創設を受け、介護業界における外国人の日本語教育の必要性は着実に高まっています。本セミナーでは、それらの背景や外国人介護福祉士の実態とともに、『はじめて学ぶ介護の日本語 基本のことば』を使った実践例をご紹介します。

 本書は、日本で介護関係の仕事に就くことを目指し、福祉系の大学や専門学校で学ぶ学習者を主な対象として作成された教材です。介護の現場をイメージした、語彙定着を目指す実践例をご紹介し、介護の日本語以外にも役立つヒントをお伝えします。 

 学校や行政、ボランティアで介護の日本語に携わる方はもちろん、留学生の進路の選択肢として介護のことが知りたい先生方もぜひご参加ください。


【講 師】
三橋 麻子 (明海大学・大原学園 非常勤講師)
丸山真貴子 (明海大学・大原学園 非常勤講師)

【日 時】
12月8日(土)13:00~16:30(受付開始:12:30)

【会 場】
福岡女子大学 講義棟C302
(福岡県福岡市東区香住ケ丘1丁目1−1)
http://www.fwu.ac.jp/about/access.html

【定 員】
70名(先着順。定員になり次第締め切ります)

【参加費】
1,000円(資料代として当日受付でお支払いください)

【申込み】
下記、九日連WEBサイトからのお申込みをお願いいたします。
URL:http://bit.ly/kyunichiren1812

【問合せ】
九日連事務局 kyunichiren1989@gmail.com

【主 催】
九州日本語教育連絡協議会 

【共 催】
スリーエーネットワーク

【会場:福岡女子大学 講義棟C302】
・西鉄貝塚線 香椎花園前駅から徒歩10分
・西鉄香椎駅から徒歩12分
・JR鹿島本線 香椎駅より徒歩15分
・西鉄高速バス(福岡中央郵便局前から乗車、福岡女子大前で降車。)天神から15分で、女子大の正門前に着きます。